トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルを正しい歯磨き方法で歯周病予防

スポンサードリンク

★トイプードルを正しい歯磨き方法で歯周病予防


プードル5


若年でも要注意なのが歯周病予防です。正しい歯磨き(デンタルケア)を日課にして、愛犬のトイプードルを歯周病から守ってあげましょう。


★トイプードルの歯周病とは?


トイプードルを含め、3歳以上の犬の8割以上が歯周病にかかっているといわれています。歯周病の症状は、歯の汚れとは違います。

つまりトイプードルの歯が汚れていなくても、歯周病が悪化しているケースも多いのです。トイプードルが歯周病になると、歯と歯肉の間に歯周ポケットができて、外からは見えない顎の中が腐っていく怖い病気です。

歯周病と聞くと、歯の病気と思われがちですが、歯周病は骨の病気です。歯周病になると、トイプードルの顎の骨が溶けてしまうのでとても恐ろしい病気なのです。

歯周病の見た目であらわれる症状としては、歯肉が腫れたり、歯周ポケットから臭い、歯垢や膿が出たりします。しかし、この程度の症状ですと見落としがちです。

飼い主さんの多くは、歯周病がさらに進行して、歯がぐらついてはじめて愛犬のトイプードルの歯に問題があることに気がつくことが多いのです。

上顎の犬歯や前臼歯が重度の歯周病になると、歯根が周囲の内側の骨が腐り、鼻腔内に歯周病による膿がたまるケースがよく見られます。その場合の症状は慢性的なくしゃみが出るので、風邪やアレルギーと間違えやすいかもしれません。

トイプードルの歯周病予防における間違ったケアで、せっかく歯磨きしているのに歯周病になってしまうことがあります。間違った歯磨き(デンタルケア)は次の通りです。


①歯の表面をガーゼタイプの歯磨きシートで擦るだけののデンタルケア。

②デンタルケア用のおもちゃだけのケア。

③デンタルケア用のガムなどのおやつだけのケア。


歯周ポケットにたまった歯垢が、歯周病の原因です。歯垢のほとんどは細菌なので、歯肉の炎症や歯の組織の破壊を招きます。きれいな口腔環境の維持には、デンタルケア用のおやつなどは役立ちます。

しかし、歯周ポケットの中の歯垢を除去できるのは、歯ブラシを使った正しいブラッシングのみです。歯磨きシートと歯ブラシで歯磨きすることで歯周病予防ができますので、どちらかだけではなく併用して行うといいでしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのお手入れ方法 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT