トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのための温度と湿度の管理方法

スポンサードリンク

★トイプードルのための温度と湿度の管理方法


プードル22


トイプードルはもちろん、犬にとって今のような真夏の季節は非常に過酷な季節です。私たち人間もお家の中が一番熱中症になりやすいといわれていますが、それはトイプードルも同じです。温度と湿度をしっかり管理して愛犬のトイプードルを熱中症から守ってあげましょう。


★トイプードルに温度や湿度管理が大切な理由


トイプードルはもちろん、犬は一般的に寒さには強いですが、体温を下げることが苦手です。多くの犬は被毛に覆われているので保温効果がありますが、体温が高いときには裏目に出てしまいます。

私たち人間は汗をかくことで体温を下げる働きがあります。トイプードルはもちろん、犬にも汗腺はあるものの、人間ほど汗をかく犬はいません。

その結果、汗の水分を気化することによる体温を下げる機能、気化熱が低いようです。トイプードルを含め、犬は主に肺などの呼吸器の表面での気化熱により体温を下げています。

体温が上がると、パンディングと呼ばれる激しい呼吸をすることで、体温を下げようとします。ところが、パンディング自体が筋肉運動であるため、パンディングを続けることで、逆に体温が上がってしまうことになります。

また、湿気が高いと洗濯物が乾きにくくなるのと同じように、湿度が高いと気化熱で体温が下がりにくくなります。つまり、部屋の温度が高いと、トイプードルの呼吸器では気化ができにくくなり、体温が下がりにくくなります。

そのため、効果的なトイプードルの体温調節のために、50%前後という適度な湿度に保つ必要があります。まず、湿度管理は、エアコンの過信は禁物です。エアコンの温度設定は、部屋全体や愛犬のトイプードルがいる床付近には行きわたっていない場合があります。

また、冬でも日当たりが良い日は、窓辺の温度が上昇する危険があるので、サークルやゲージ、ハウス(クレート)などの置き場所には気をつけるようにしてください。

次に湿度変化ですが、とくに子犬のトイプードルや老犬のトイプードルは温度変化がとても苦手です。夏よりも冬の暖かい部屋から寒い外に出るなどの急激な温度変化があると、気管に負担がかかり、咳が出たり、血管が収縮して心臓に負担がかかる危険性があります。10~15分かけて、徐々に温度を下げるようにしてください。

次に湿度管理ですが、室内の湿度は常に50%前後に保ってください。湿度が高くて暑い日が、トイプードルはもちろん、犬にとってもっとも悪い環境です。

除湿器やエアコンのドライ機能などを使って、無駄な湿気を部屋から排出しましょう。また、冬の乾燥もトイプードルの呼吸器にとっては辛いものです。冬は加湿器を使って部屋の湿度あげましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT