トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

子犬のトイプードルの健康は予防接種で守ろう

スポンサードリンク

★子犬のトイプードルの健康は予防接種で守ろう


プードル33


子犬のトイプードルはもちろん、生まれて間もない子犬を守るため、お母さん犬の初乳には免疫が含まれています。これは出産後3日間に出る母乳です。


★子犬のトイプードルの成長に応じて免疫力をつける


子犬のトイプードルは免疫が含まれる母乳を飲むことで伝染病に対する免疫を体に摂り入れます。これを母子免疫といいます。この免疫は生後50~60日頃から減少し、最終的にはなくなってしまいます。

そうすると免疫がなくなってしまうので、病原菌に感染するとすぐに発病してしまいます。そうならないようにワクチンを接種します。しかし、母子免疫がなくなる時期は子犬によって違います。

母子免疫が残っているのにワクチンを接種すると、免疫がワクチンを敵とみなし、体外に排出してしまいます。そこで、その予防策として3ヵ月目に2回目のワクチン接種を行います。

動物病院で獣医師さんと相談して適切な時期にワクチン接種をするようにしてください。子犬のワクチン接種は様々な病原菌から子犬のトイプードルを守ります。とくにワクチンでしか防げない病気があるので、ワクチン接種を忘れないようにしてください。

また、ワクチンは約1年で効果がなくなります。2回目の予防接種から1年後に再び予防接種を受けるようにしてください。以後1年に1回、必ず追加接種をしましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルの子犬を飼ったら | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT