トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルとの暮らしには喜びから哀しみまである

スポンサードリンク

★トイプードルとの暮らしには喜びから哀しみまである


プードル40


トイプードルを飼うということ、トイプードルを家族に迎えるということ、トイプードルと暮らすということ、トイプードルと暮らしの中には喜び、務め、癒し、哀しみなどがあります。


★トイプードルを飼ったら我が子のように育てる


私たち人間の子供はある程度成長すると自立し、やがて親元を離れていきます。親にとっては嬉しくて喜ばしいことですが、その一方で時には寂しさを感じることもあります。

子犬のトイプードルを家族に迎えて育てるということは、人間の子育てと似ています。しかし、トイプードルはもちろん、犬は何歳になっても自立して自分から家を出ていくことはありません。

一生、飼い主さんであるあなたのそばで一緒に暮らしていくのです。我が子のように大切に子犬のトイプードルを育てて、たっぷりと愛情を注げば、愛犬のトイプードルは心から飼い主さんを信頼し、真っすぐ愛と癒しで飼い主さんを包んでくれることでしょう。

子犬のトイプードルを育てる喜びは、まさに計り知れないものです。心身ともに健やかな成長を目の当たりにするだけでも、何物にも代え難い幸福感を得られることでしょう。

愛犬のトイプードルとともに暮らす毎日は、楽しいことや嬉しいことがたくさんあります。日々の暮らしを明るくしてくれることは間違いないでしょう。


★トイプードルの社会化のしつけは飼い主の務め


人間社会において、人間にはそれぞれ立場に応じた義務が課せられます。例えば、車やバイク、自転車を運転する人ならドライバーとして交通ルールを守ること、喫煙者なら愛煙家として周りの人に配慮するマナーを身につけること。

これはトイプードルはもちろん、犬を飼う人も同じです。単に可愛がるだけではなく、飼い主としての義務を果たさなければなりません。

トイプードルはもちろんのこと、犬のしつけもその1つです。周囲の人に迷惑をかけないように愛犬のトイプードルにも人間社会のルールやマナーを学ばせなければなりません。

そのためには社会化、つまり人間社会に慣れさせることが大切です。トイプードルはを含め、犬は学習する動物です。飼い主さんが愛情を持ってしつけをすれば、きちんと身につけるはずです。

例え苦労をしても愛犬のトイプードルのためと思って、甘やかしてばかりではなく、根気よくしつけに取り組まなければなりません。


★トイプードルの愛らしい姿に癒されよう


一人暮らしの飼い主さんはとくに思うかもしれませんが、「ただいま!」とお家に帰ると、愛犬にのトイプードルがしっぽをブンブン振ってお出迎えしてくれると大変嬉しいものです。

「ただいま!」と元気よくドアを開けても返事をしてくれる人は誰もいない、帰りを待ちわびてくれる人もいない、喜んでくれる人もいないというのは、一人暮らしの気楽さと引きかえに「悲しい」という現実もあるかもしれません。

しかし、トイプードルとの生活はそうではありません。愛犬のトイプードルは、大好きな飼い主さんの帰宅を毎日健気に待っています。

飼い主さんがお家に帰ってきてくれることに、この上なく喜びを感じてくれるのです。しっぽを思い切りちぎれんばかりにブンブンと振って、目をキラキラと輝かせて、仕事で疲れて帰ったきた飼い主さんを、愛らしい姿で迎えてくれるのです。

「この愛らしさに何度癒され、救われたことか」と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか?トイプードルはもちろん、犬はかけがえのない大切なパートナーとなり、飼い主さんの暮らしに、より一層の潤いを与えてくれることでしょう。


★必ず訪れるトイプードルとの悲しいお別れのとき


トイプードルはもちろん、犬の成長のスピードは私たち人間よりかなり早く、子犬のトイプードルはあっという間に成犬になります。ふと気づけば飼い主さんの年齢をすっかり追い越し、日々少しずつ確実に老いていくのです。

子犬のトイプードルを迎えたその日から十数年ののちには悲しいお別れのときがやってきます。トイプードルはもちろん、犬を飼うにあたって、それほど遠くはない将来に愛犬を看取るという覚悟もしておかなければなりません。

もちろん愛犬のトイプードルのとの生活を楽しみ、幸せに暮らしていくことが前提なので、頭の片隅にでもそっと置いておきましょう。

こればかりはいくら覚悟していてもお別れののときは深い悲しみに襲われると思います。何度経験してもこればかりは慣れるものではありませんし、慣れたいとも思いませんよね。

飼い主さんと愛犬のトイプードルのお互いが「出逢ってよかった」と「幸せだった」と満ち足りた気分を味わえるように、それが飼い主さんと愛犬のトイプードルとの最上のお別れでもあり、叶うかどうかは全て飼い主さん自身にかかってくるのです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 犬からのメッセージ | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT