トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの気持ちを理解してあげる

スポンサードリンク

★トイプードルの気持ちを理解してあげる


プードル55


風に乗って飛び回る鳩やカラス、スズメなど、飛べる鳥に対して「飛ぶな」とは言えませんよね。しかし、トイプードルはもちろん犬にはどうでしょうか?「吠えるな」「鳴くな」「噛むな」など言ってはいませんか?


★トイプードルの気持ちに寄り添って考える


トイプードルはもちろん、犬には「吠える」「鳴く」「噛む」などの習性がありますが、犬はどんな動物よりもその習性を禁じられている動物ではないでしょうか?

例えば、甘噛みは噛み癖になるのでさせないようにするのがしつけの基本です。しかし、トイプードルはもちろん、犬にだってしたいことはしたいですし、嫌なことは嫌なのです。

とくに子犬のトイプードルにとって甘噛みは楽しい遊びの1つでもあります。おもちゃやぬいぐるみを買え与えるなどして、トイプードルの「噛みたい」という欲求を受け入れてあげましょう。

これは甘やかすということではありません。反対にトイプードルの気持ちを無理矢理押さえつけると、不満がたまり、ストレスにより更なる問題行動が出てしまうことがあります。

愛犬のトイプードルの「嫌だ!」という気持ちを受け入れ、別の方法を探してあげることが真の解決方法になります。

その他にもおやつを与えてもブラッシングや歯磨き、足拭きなどを嫌がるトイプードルの場合は、無理矢理やるのではなく、ブラシを軟らかいものに変えてみる、歯ブラシを歯に当てるところから慣れさせてみる、タオルを敷いて足を拭きやすくするなどして少し方法を変えてみましょう。


また、愛犬のトイプードルが他の犬と仲良くできないと悩む飼い主さんもいらっしゃいます。私たち人間はお友達がいないと寂しいと感じますが、トイプードルはもちろん、犬はそうではありません。

トイプードルがまだ子犬であれば社会化が必要ですが、愛犬のトイプードルが成犬であれば無理矢理ほかの犬に近づけようとする必要はありません。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルの気持ち | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT