トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの抱っこのし過ぎに要注意

スポンサードリンク

★トイプードルの抱っこのし過ぎに要注意


プードル8


愛犬のトイプードルのお散歩中に飼い主さんの足元にまとわりついて抱っこをせがんできたり、飼い主さんがちょっとでもかがむと「抱っこして!」と飼い主さんの膝に乗ることはありませんか?


★トイプードルは抱っこ好きの甘えん坊


愛犬に抱っこをせがまれたり、すぐに飼い主さんの膝に乗ろうとするのは、トイプードルのような小型犬に多い行動なのですが、飼い主さんが気づかないうちに『抱き癖』がついることが多いのです。

お散歩中に愛犬のトイプードルが歩かないから仕方なく抱っこする、知らない人や犬に飛びつくから抱っこする、大型犬を怖がるから抱っこする、他の犬が近づいて来たり吠えられると抱っこする。

トイプードルは小型犬なので体重も軽く、ついつい何かあるたびに抱っこしてあやしてしまいます。愛犬のトイプードルを抱っこすると、一見愛犬も落ち着いたかのように見えますが、これは問題行動を解消したのでなく、回避しただけにすぎないのです。

このような状態を続けると、愛犬のトイプードルは飼い主さんが自分の要求をすぐに満たしてくれると思い込み、どんどん助長してワガママなトイプードルに育ってしまいます。

とくに抱っこ中に飼い主さん以外の人が撫でようとすると唸ったり、噛んだり、噛みつこうとするようになったら要注意です。愛犬のトイプードルは自分のことをお姫様、もしくは王子様とでも思い込んでしまっているかもしれません。

抱っこ好きのトイプードルは自分のことを犬だと思って理解していない可能性があります。お散歩中に大型犬とすれ違うときも、辛抱強く、「おすわり」「まて」をさせて愛犬のトイプードルを落ち着かせましょう。

ただし、だっきは必ずしも悪いことでありません。飼い主さんと愛犬のトイプードルのスキンシップでもあります。とくに子犬期は抱っこして色々な所を触られても嫌がらないように慣れさせることは必要です。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT