トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの体に負担をかけない遊び方

スポンサードリンク

★トイプードルの体に負担をかけない遊び方


プードル9


愛犬のトイプードルと飼い主さんが遊ぶときは、愛犬のトイプードルも楽しいものです。遊びは飼い主さんとの信頼関係も深めるためにはとても大切な時間です。


★トイプードルとの遊びは楽しく健康的に遊びしつけにも利用する


愛犬のトイプードルとスキンシップやコミュニケーションとをとるには遊びは欠かせません。信頼関係を深めるためのとっておきの時間です。

しかし、せっかくの遊びの時間ですが愛犬のトイプードルの身体に負担をかけたり、ストレスを感じさせたりと、病気やケガにつながるような事態を招くケースが多いのも事実です。

愛犬のトイプードルの身体にも心にも負担をかけないようなほ遊び方を心得て遊ぶことも飼い主さんの務めとなります。

飼い主さんが出かけ、お留守番させるときのストレス解消や困った行動の予防のための知育玩具をしつけやトレーニングのご褒美におもちゃ遊びを、ストレス解消と犬同士のマナーを覚えるためにしつけ教室で犬同士の遊びを、と、おもちゃや遊びそのものが愛犬のトイプードルの良い行動を強化するのに非常に役立ちます。

愛犬のトイプードルも飼い主さんも楽しくハッピーな生活が送れるようにおもちゃを上手に取り入れてみましょう。


★トイプードルの危険でNGな遊び方


トイプードルの前脚が浮くトイプードルはもちろん、犬は4本の脚を地面についている状態が事前な体勢です。後ろ脚だけだけで立つと、重心が不安定になり、下半身に無理な力が入ります。

股関節や膝の関節などを痛める原因になるので注意してください。腰にも負担がかかるので、とくにトイプードル、ミニチュアダックスフンド、ペキニーズ、シーズー、バグ、ビーグルなどの犬種は椎間板ヘルニアになりやすいにでとくに避けたい姿勢です。


フリーリングなどの滑る床で遊ぶフリーリングなどの滑る床では、地面で四肢を踏ん張ることができないのでトイプードルの足腰への負担がかかります。

膝蓋骨脱臼や関節炎などの原因になるケースも少なくありません。とくに筋肉が未発達な子犬のトイプードルでは、ケガを招きやすく、正常な発達を妨げる危険性もあるので注意してください。


ボロボロのおもちゃで遊ばせるぬいぐるみの中綿や、ほどけたロープを飼い主さんが知らないうちに誤飲すると、腸閉塞などの原因になるので危険です。

また、本物の骨やヒヅメなど硬い素材のおもちゃによって歯が削られたり、折れたり、ボールやフライングディスクなどで歯が擦り減ることもあります。硬すぎるおもちゃは厳禁です。


トイプードルの気持ちを考えずにドッグランに連れて行くドッグランでおやつやおもちゃを出すと、犬同士が奪い合いのケンカになってケガの原因になることも少なくないので注意してください。

もし愛犬のトイプードルが他の犬が苦手な場合は、ドッグランは恐怖を感じる場所でしかありません。何度連れて行っても慣れないようであれば、ドッグランは」ストレスの原因になるので無理に連れて行くのはやめましょう。


★トイプードルとの正しい遊び方


飼い主さんの監視のもとでおもちゃで遊ばせる➤愛犬のトイプードルが遊んでいるうちにおもちゃを破壊して、破片や中綿やひも状のものなどを誤飲しないように、常に飼い主さんが監視していましょう。

すぐにおもちゃを破壊してしまうトイプードルには、中綿のない犬用のぬいぐるみや、崩れにくいロープのおもちゃなどを選ぶことをおすすめします。


安全な場所で犬同士に慣らして遊ばせる他の犬に慣らすためには、生後2~5ヵ月頃の子犬の社会化期に、他の犬と適切な社会化ができるしつけ教室などに通えればベストです。

愛犬のトイプードルが成犬になってからでも、しつけ教室のドッグトレーナーやオンストラクターのサポートを受けながら、犬社会のマナーを身につけた犬とふれ合わせれば、他の犬との接触で環煮るストレスを減らすことが可能です。


滑らない床で遊ぶ愛犬のトイプードルが後ろ足だけで立ちあがらないように気をつけながらしっかり4本の脚で踏ん張れるよう、カーペットや絨毯、コルクマット、タイルマットなどを敷いた滑らない床で遊ぶようにしましょう。

ボール遊びを室内でする場合も同様です。愛犬のトイプードルが動く場所だけでもいいので、滑らないようにしておきましょう。

おもちゃであそぶときにいちいち後ろ足だけで立ちあがらないように、「ふせ」の指示でくわえているおもちゃを床に落とさせたりと工夫することも大切です。


知育玩具を活用する長時間一人でいると、飼い主さんがいない寂しさにくわえて、退屈な状況もストレスになり、最悪の場合は分離不安という心の病気になる可能性もあります。

愛犬のトイプードルのストレスを軽減させるためには、頭を使ってじっくり遊べる知育玩具が役立ちます。ドッグフードやおやつをおもちゃの中に入れられるタイプがおすすめです。誤飲できないような安全なおもちゃを選び、悪天候でもお散歩に行けないときなどにも活用しましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法





| お散歩と運動量について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT