トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルと暮らせる家でのびのび育てる

スポンサードリンク

★トイプードルと暮らせる家でのびのび育てる


プードル9


とくに一人暮らしの方は、大半が賃貸物件に住んでいると思います。アパートやマンション、借家などがありますが、トイプードルはもちろん、犬と一緒に暮らすためにはペット可の物件であることが大前提です。


★トイプードルを飼うためにはペット可の住まいに暮らそう


もしも、現在住んでいるアパートやマンション、借家がペット不可の場合、基本的には引っ越しをすることになります。

一般的なペット可賃貸物件は、敷金がプラス1カ月かかり、家賃もペット不可のアパートやマンション、借家よりも高く設定されていて、自分一人が引っ越すよりもお金が多めにかかります。

しかし、最近では犬と暮らしたいという人が増えてきているため、ペット可物件の割合も増加しています。ひと昔前に比べて選択肢が多くなっているので、トイプードルはもちろん、犬を飼い始める方には嬉しいことですよね。

また、トイプードルと暮らし始めるなら、住まいはなるべく職場の近くがいいでしょう。一番理想的なのは、職場から自転車圏内の住まいです。

トイプードルが子犬のうちはとくにできるだけ多くの時間を一緒に過ごしてあげたいものです。自転車で行き来できる距離に住んでいれば、お昼休みにお家に一度帰って、食事やトイレのお世話をすることもできます。

通勤に1、2時間かかってしまう場所だと、もしものときにすぐに駆けつけあげることができません。例えば地震や落雷による停電などがあったとき、飼い主さん以外に助けを求めることができないトイプードルは、最悪な状況のもとに散り残されてしまう恐れがあります。

通勤時間が短ければ、いざというときも安心です。現在すでにペット可物件に住んでいて、トイプードルとの暮らしを考えている方も、改めて職場との距離や通勤時間をチェックしてみてください。

お家と職場の距離があまりにも遠い場合や、通勤時間があまりにも長いようであれば、引っ越しも検討し、トイプードルを飼うことをおすすめいたします。


★トイプードルの散歩コースと周辺環境も大切


お散歩は社会化やしつけの場でもあり、トイプードルはもちろん、犬の健康を維持するためにも欠かせないものの1つです。トイプードルと一緒に暮らすなら、近所に良いお散歩コースがあるかというのも大きなポイントになります。

一番いいのは、おうちの近所に公園のある環境です。公園は飼い主さんや犬同士の交流の場にもなるため、ないよりもあったほうがいいでしょう。その他、近所に動物病院があることも重要です。ペットショップやホームセンターなども近所にあると非常に便利です。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 子犬を飼う準備 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT