トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

飼い主がトイプードルにすべきこと

スポンサードリンク

★飼い主がトイプードルにすべきこと


プードル2


どんな指示にも従い、飼い主さんが困ることは一切しないトイプードル。飼い主さんには都合がいいかもしれませんが、はたしてそれで愛犬のトイプードルは幸せでしょうか?


★トイプードルにしてほしいことを伝えよう


トイプードルを家族して迎えたのに、犬が持つ習性をすべて否定し、私たち人間が作ったルールを押しつけて、人間にとって都合のいい行動をさせる。

そんな窮屈な付き合いを強いることは本当に必要でしょうか。愛犬のトイプードルの気持ちや習性を受け入れながらも、飼い主さん自身に悩みを解決していくほうがいいですよね。

愛犬のトイプードルを本当の意味で家族として迎えるためには、犬の習性を理解して、できるだけ受け入れ、寄り添うことが大切です。

そのうえで飼い主さんは愛犬のトイプードルにしてほしいことを上手に伝えていきましょう。しかし、いくら受け入れても寄り添うとはいえ、ときにはトイプードルの気持ちに反してでも飼い主さんが責任を持って管理すべきときもあることを忘れないでおきましょう。


★トイプードルに迷惑にならない行動を教え、安全に暮らしていけるようにしよう


「吠える」「噛む」「飛びつく」は、トイプードルはもちろん、犬にとっては自然な行動です。飼い主さんが許せるのであれば受け入れてあげたいものです。

しかし、「吠える」「噛む」「飛びつく」といった行動は、他人や社会にとって迷惑になることがあります。愛犬のトイプードルを自由にさせ過ぎてしまうと、周囲からは「困った飼い主と犬」「迷惑な飼い主と犬」と思われてしまうのも事実です。

愛犬のトイプードルが社会にとって迷惑な存在にならないためにも、そのための行動を愛犬のトイプードルに飼い主さんが教えてあげましょう。

愛犬のトイプードルを守れるのは飼い主さんしかいません。例えば、愛犬のトイプードルがかわいそうだからといって、愛犬をハウスに入れずに放し飼いにしたまま舞い主さんが外出するとします。

すると、愛犬のトイプードルがゴミ箱をあさって食べてはいけないものを食べてしまい、最悪な場合、命に関わることもあり得るのです。

電気コードをかじって感電死してしまうことだってあるかもしれません。愛犬のトイプードルをハウスに入れておくことが、愛犬の命を守ることにもなります。

私たち人間とトイプードルが安全に暮らすために必要なことは教え、迷惑でも危険でもない行動は受け入れてあげることも大切です。悪いこととと決めつけずに環境によって判断することが大切です。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT