トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのおもちゃは飼い主が管理する

スポンサードリンク

★トイプードルのおもちゃは飼い主が管理する


プードル6


どんなに愛犬のトイプードルが遊びたがっても「今日はもうお終い!」と、飼い主さんが遊びの時間を管理することが大切です。メリハリをつけ、飼い主さんに主導権があることを愛犬のトイプードルに学習させることも大切です。


★トイプードルは所有欲が強い


愛犬のトイプードルのお気に入りのおもちゃを取ろうとすると、「ヴーッ!!」と唸られたことはありませんか?

唸られずとも、ボールやロープ、ゴムのおもちゃなどで遊んでいるときに、そのおもちゃを飼い主さんのもとに持ってきてくれるものの、なかなか返してくれないということはありませんか?

トイプードルはもちろん、犬はもともと所有欲が強い動物です。子犬のころにどんなものでも飼い主さんの指示で放すしつけができていないと、トイプードルは一度手に入れたものは「自分のもの」として放そうとはしません。

また、夢中でおもちゃで遊んでいると、トイプードルは興奮が抑えられなくなります。おもちゃを取り上げようとすれば、「これは私(僕)のおもちゃなんだから近寄らないで!」といった意味で警告し、唸り声をあげることがあります。

おもちゃを無理矢理取りあげようとすると、本能的に余計にそのおもちゃを必死に守ろうとします。

唸り声に飼い主さんが恐怖心を抱いて諦めてしまうと、愛犬のトイプードルは唸ればおもちゃを取られないことを学習して、決しておもちゃを渡さないトイプードルになってしまいます。

子犬のトイプードルなら例え噛まれてもさほど痛くはないので、できれば子犬のころに「もってこい」「もってきて」、「はなして」「ちょうだい」などのしつけをしておくのがベストです。

また、愛犬のトイプードルとおもちゃで遊ぶときは、遊び始めと遊び終わりの時間やおもちゃの管理を飼い主さんが管理しましょう。

子犬期からおもちゃで「ちょうだい」「はなして」の練習をし、口からおもちゃを離したら褒めてあげます。なかなかおもちゃを離さなければ無理に奪い取るのではなく、無視して興奮が冷めるのを待ちましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 基本のしつけ | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT