トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの魅力ある最高犬種

スポンサードリンク

★トイプードルは魅力ある最高犬種


プードル4


トイプードルの魅力は、何といっても美しい被毛ですよね。ソフトな巻き毛はいつまでも抱きしめていたほど愛くるしさを感じさせると同時に、貴族のご婦人方を虜にした優美さにも満ち溢れています。


★トイプードルは上品な愛らしさと周りを笑顔にさせる愛くるしさもある


トイプードルは甘美なコートの下に、思いがけないほどスタイリッシュなボディが潜んでいます。優しくも知的な顔立ちも、トイプードルの愛好家を魅了してやみません。最初はトイプードルの中でも小柄なトイプードルを飼いたがる飼い主さんが増えています。

しかし、ティーカッププードルやタイニープードルという愛称で呼ばれているトイプードルは骨格がきゃしゃだったり、水頭症や内臓疾患、低血糖を起こしやすなど、健康性に問題が出る恐れが高くなります。

身軽で軽快な動きもトイプードルの魅力の1つです。バネのように跳ねたり、ときには二足歩行したりと見事な身のこなしに、ついつい目を奪われてしまいます。

あどけない子犬のの頃から、目を離した隙にゲージやサークルから飛び出して脱出し、大慌てなんてこと本もあるほどです。私が飼っていたホワイトのトイプードルの男の子『チェルシー(享年17歳)』もよくサークルをよじ登り脱走していました(笑)

このように高い身体能力の持ち主で、性格的にも活発で行動的なトイプードルですが、必要運動量がボーダーコリーやラブラドールレトリバー、ジャックラッセルテリアのような特別多い犬種というわけではありません。

しかし、だからといって運動を手抜きしていいといわけではありません。お家の中で過ごすことが多いトイプードルだからこそ、お散歩で身体を動かし、気持ちをリフレッシュさせることが大切です。

ときにはお家のなかでもボール遊びをしたり、お散歩途中で公園に立ち寄ってロングリードを使って自由に走らせてあげたろ、ドッグランがある場合は、他の犬と遊ばせたりと、お散歩以外にも楽しい時間を作ってあげましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT