トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが体の上に乗って来たときの対処法

スポンサードリンク

★トイプードルが体の上に乗ってきたときの対処法


プードル14


ソファやカーペットの上に寝転んでいると、愛犬のトイプードルが近づいてきて飼い主さんの体の上に乗ってくることがありませんか?これは「僕(私)のほうが地位が上だからね!」という意志表示です。


★飼い主は愛犬のトイプードルのリーダーになろう


「トイプードルが飼い主さんの上に乗る」、つまり飼い主さんのことを見下しているということです。飼い主さんは愛犬のトイプードルにとって群れのリーダーでなければなりません。

この地位関係を崩してしまうと、愛犬のトイプードルが飼い主さんの言うことを聞かなくなったり、噛みついたりなど、問題行動を起こすようになります。

なので、もし愛犬のトイプードルが飼い主さんの体の上に乗ろうとしたら、すぐに体を入れ替えて押さえ込みましょう。ただし、あまり力は入れないように気をつけてください。

思いきり押さえ込んでしまうと、トイプードルが恐怖感を抱いて噛みつく可能性もあるので、「キャンッ!」「キャイン!」と鳴いたらすぐに離してあげましょう。

そして、解放された愛犬のトイプードルが呆然としていたら、頭をそっと撫でてあげてください。
もう1つやめさせるべきなのがマウンティングです。

マウンティングは人の腕や脚にしがみついて腰を振るしぐさのこといいますが、これも相手より自分のほうが上位だと主張する行為です。

マウンティングをされると、「やめなさい!」「だめ!」と大声で叱ったり、力ずくで引き離そうとする飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、これは愛犬のトイプードルが「遊んでくれている」と勘違いしてしまうことが多いので、ますます悪化してしまう可能性があります。

こうしたマウンティングをやめさせるには、腕や脚にしがみつこうとしたときに、冷静な声で「おすわり」や「ふせ」などの指示を出して愛犬のトイプードルを落ち着かせましょう。

「おすわり」や「ふせ」がまだ完璧ではない場合は、一度ハウスに入れ、落ち着いたらハウスから出してあげましょう。

また、今まで一度も飼い主さんの体の上に乗ったり、マウンティングをしたことのないトイプードルでも、飼い主さんの恋人やお友達、家族が増えたりするとチャレンジしようとします。

この場合もそのまま放置せず、体を入れ替えて押さえ込んだり、「おすわり」や「ふせ」の指示を出してやめさせましょう。こうして、あなたのほうが地位が下だからね」と教えるようにしましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT