トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの病院代はいくらくらいかかるのか

スポンサードリンク

★トイプードルの病院代はいくらくらいかかるのか


プードル


トイプードルはもちろん、犬は生き物ですから病気にもなりますし、ケガをすることもあります。そんなときに動物病院を受診していくらくらい治療費がかかるのがあらかじめ知っておかないと、請求書を見て飼い主さんがびっくりを通り越して倒れてしまうなんてことにもなりかねません。


★トイプードルの医療費や治療費は動物病院によって金額は異なる


請求書を見て飼い主さんがびっくりして倒れてしまわないように、トイプードルがかかりやすい病気やケガの治療費をまとめておきますのでご参考ください。

ただし、トイプードルは含め、犬の治療はすべて自由診療なので、金額は動物病院によって大きく異なるケースがありますのでご了承ください。


①初診料➤1000~5000円

②入院費(1日あたり)➤2500~10000円(小型犬)、3000~10000円(中型犬)、5000~10000円(大型犬)

③血液検査➤1000~5000円

④注射➤1000~10000円

⑤風邪の治療➤5000~20000円

⑥X線検査・診断➤3000~10000円

⑦耳掃除➤1000~5000円

⑧歯石除去➤500~10000円

⑨骨折手術➤50000~100000円


骨折した場合、手術費のほかにX線検査や入院も必要になってくるので、最低でも10万円程度かかると思います。手術費用が高くて払えないなんてことがないように、日頃からペット貯金をしておいたり、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。

ペット保険には大きく分けると、定率補償、定額補償、実額保障の3つのタイプがあります。定率補償は、かかった治療費を定率(30%、50%、70%など)の割合で補償するものです。

定額補償は、治療費に関係なく一定の金額が支払われるものになります。実額保障は、実際にかかった治療費の全額が給付される保険です。

ただし、いずれのペット保険にも限度額が設定されていて、限度額を超えた場合は全額自己負担になる場合があります。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 動物病院について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT