トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルを飼うならオスとメスどちらを飼うか

スポンサードリンク

★トイプードルを飼うならオスとメスどちらを飼うか


プードル15


トイプードルに限らず、「一緒に遊びたい」「お散歩に連れて行きたい」「一緒にドライブに行きたい」「一緒に旅行に行きたい」など、どんな犬とどのように暮らすかを想像するのは楽しいものです。


★トイプードルを飼うなら女の子?それとも男の子?


どんな犬と暮らすかも楽しみですが、私たち人間の男性と女性がまったく違うように、同じ犬種でもオスとメスでは飼い方が違ってきます。

トイプードルはももちろん、これから犬を飼おうと考えている方は、オスとメスの特徴をまとめておくのでご参考ください。そしてどちらを家族に迎えるかよく考えてみてください。(個体差はあります)


オスのトイプードルの特徴オスのトイプードルは甘えん坊でお留守番が逃げてな傾向があります。一人暮らしや飼い主さん家族皆が家を空けることがことが多いご家庭には向かないかもしれません。

また、オスのトイプードルは縄張り意識が強く、お客さんに向かって吠えたり、聞き慣れない音が聞こえると興奮することがあります。

また、これも縄張り意識の強さと関係していますが、オスのほうがお散歩好きな傾向があります。性格がキツイのは事実ですが、反応がシンプルなので、ワンちゃん初心者の人には気持ちが掴むやすいかもしれません。


メスのトイプードルの場合もちろん個体差はありますが、メスのトイプードルのほうが一人でお留守番させても我慢することができます。

マイペースなところがあり、オス犬ほど手間もかかりませんが、その分、飼い主さんに対してもクールな接し方をします。「愛犬のトイプードルと思いきりスキンシップをしたい!」と考えている人には、ちょっと物足りなく感じるかもしれません。

縄張り意識が弱く、マーキングしないのが最大の特徴です。しかし、気の強いメスのトイプードルの場合はメーキングをすることがあります。

縄張り意識が弱いので、お散歩しやすいですが、頑固なところがあるので、「あっちには行きたくない」と思ったら、頑として動かなくなることもあります。また、避妊手術をしない場合は、年に2回ヒートがあり、そのときには情緒不安定になるトイプードルもいます。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのオスとメス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT