トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの健康について何でも相談できる動物病院

スポンサードリンク

★トイプードルの健康について何でも相談できる動物病院


プードル2


愛犬のトイプードルの健康を守るため、いつでも足を運べる動物病院を見つけておくことはとても大切です。愛犬のトイプードルの健康について何でも相談できる動物病院があれば飼い主さんも安心でしょう。


★愛犬のことを何でも相談できる獣医師を見つける


ワクチンや健康診断の機会を利用して、実際に動物病院に足を運び、信頼できる動物病院を探しておくと、愛犬のトイプードルに何かあったとき、いざというときにも慌てずに済みます。

愛犬のトイプードルのことをよく知る、かかりつけの獣医師さんを見つけましょう。ただし、どんなに良い動物病院でも、飼い主さんの協力なしでは効果的な診察や治療を行うことは困難になります。

愛犬のトイプードルの様子や普段とどう違うのかなどを、獣医師さんに積極的に伝えるとことで、獣医師さんも愛犬のトイプードルの具合を的確に判断することができます。

そのとき、「何となく元気がない」と漠然と伝えるのではなく、「いつもはごはんをしっかり食べるのに、昨日から食欲がない」「いつもはお散歩の時間になると喜んでお散歩に行くのに、2日前からお散歩に行きたがらない」など、食事や排泄の量、排泄の回数なども加えて具体的に説明するとわかりやすくなります。

最近は、他の動物病院でセカンドオピニオンを仰ぐことも普通になってきました。治療を続けているのになかなか回復が見られない場合は、そうした選択も検討してみてください。


★トイプードルは人間の4倍速で年をとる



トイプードルはもちろん、犬は私たち人間よりもずっと早く年をとります。犬の1年は私たち人間の4~4年半にあたるとされ、その分病気の進行も速くなります。

愛犬のトイプードルの病気を早期発見するためにも、最低でも1年に1回、中年~高年期になったら半年に1回の健康診断を受けることをおすすめします。

健康診断で受けれるメニューは、動物病院やコースによって異なりますが、基本の検査は血液検査で、内臓の状態を知ることができます。便・尿検査も一緒に受ければ、なお安心です。

問診や触診も行うので、、日頃気になっていることがあれば何でも質問するようにしましょう。メモをとっておくと聞き忘れ、言い忘れがなくスムーズに行うことができるで、日頃から愛犬のトイプードルの健康手帳・健康日記などを書いておくといいでしょう。

胸部や腹部のX線検査、心臓や腹部のエコー検査ができる動物病院もあります。かかりつけの動物病院ではどのような設備が整っていて、どのような検査ができるのか、事前に聞いておきましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 動物病院について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT