トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

子犬のトイプードルとの出会い方

スポンサードリンク

★子犬のトイプードルとの出会い方


プードル14


子犬のトイプードルはペットショップやブリーダーさんから手に入れるのが一般的です。ペットショップにもブリーダーにもどちらにもメリットとデメリットはあります。自分に合った方法で運命のトイプードルを探しましょう。


★ブリーダーはトイプードルのプロ


ブリーダーとは犬の繁殖(ブリーディング)を専門に仕事をしている人のこといいます。雑誌やインターネットで探したり、ドッグショーを観に行って、当たりをつけて話をして、直接トイプードルに合って自分に合う一頭を見つけるのがベストです。

ブリーダーからトイプードルを譲ってもらうメリットは、子犬のお母さん犬を直接見ることができることと、子犬のトイプードルの飼育環境の状態を観察できることです。

兄弟犬や姉妹犬と一緒にいるときの反応が見られれば、正確を判断する参考にもなります。ただし、きちんとしたブリーダーほど年中繁殖していないので、待たされることがほとんどです。


★ペットショップはトイプードルを比較検討しやすい


ペットショップは色々な犬種がいるため比較検討しやすいのがメリットです。ただし、ストレスを抱えていたり、病気を持っている場合があります。

また、子犬のトイプードルがより可愛いうちに店頭へ出すため、比較的早くお母さん犬や兄弟犬、姉妹犬から引き離されて、社会性が育っていないことが多いです。

良いペットショップの条件は、犬舎に十分なスペースをとり、清潔にしていることです。お客さんと子犬との間に距離をとってストレスを軽減させ、他の子犬たちと遊ぶ時間を設けていれば理想的です。

また、スタッフが正しい知識を持っていることも重要です。犬の扱い方や質問をしたときの答え方などを見て判断してください。最近はインターネットで子犬のトイプードルを販売しているお店も多いです。

しかし、トイプードルはもちろん犬の寿命は十数年です。気軽な気持ちではなく、じっくり検討してから子犬のトイプードルを家族に迎えるようにしてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルの子犬の選び方 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT