トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの健康を維持する正しいお手入れの重要性

スポンサードリンク

★トイプードルの健康を維持する正しいお手入れの重要性


プードル1


愛犬のトイプードルのグルーミングをトリミングサロンに任せていませんか?毎週のようにトリミングサロンに通うのであれば問題はありませんが、そうはいきませんよね。愛犬のトイプードルの健康を維持する正しいお手入れの重要性を知っておきましょう。


★トイプードルのグルーミングについて


細いカーリーな毛で覆われた長毛種のトイプードルは毛玉ができやすいのでブラッシングは毎日行う必要があります。また、ブラッシングすることによって新陳代謝が促進されるので毎日欠かさず行いましょう。

目ヤニを正しい方法で取り除いたり、耳や口周りの毛に汚れが残って座菌が繁殖しないようにしたり、関節を傷めないように爪切りや足裏の毛のカットをしたりと、グルーミングは病気の予防に仏要不可欠です。正しい頻度と方法で実施しないと逆に健康を損なう恐れがあるので要注意です。


ブラッシングブラッシングによって被毛についた汚れを落としたり、毛玉を防止したりできます。毛をほぐすことで、皮膚への通気性がよくなって皮膚のトラブル予防にも効果的です。


顔の周りのケア目は涙などで湿ることで、雑菌が繁殖しやすくなります。口の周囲には食べ物のカスなどが付着しやすくなります。それらの汚れをそのまま放置しておくと、皮膚の炎症などを起こしやすくなるので要注意です。常に清潔にしておきましょう。


耳掃除シャンプー同様、耳掃除は頻度が多過ぎると皮膚のバリア機能を損ねます。耳にトラブルのないトイプードルは、耳掃除はほとんど必要ありません。

しかし、トイプードルは垂れ耳で通気性が悪いので、耳の中が蒸れやすいので、耳が臭う場合はボディタオルと綿棒を使って掃除してあげましょう。また、ときどき炎症や耳疥癬などがないかチェックしてください。


爪切り爪が伸びすぎると、歩行が困難になったり、体のバランスが取りにくくなったりします。歩行や体のバランスが正常でないと、関節などを痛めたり知る危険性が高まるので注意が必要です。

そのような状態を防ぐ意味で、定期的な爪切りが重要です。こまめに爪の先端を切る刺激によって、爪内部の血管が伸びにくくなる効果もあります。

長時間歩行をするトイプードルでは、地面に爪が接触することであまり伸びない場合もありますが、一般的には2~3週間には1回、最適でも1ヵ月に1回は爪切りをするようにしてください。


足裏の毛のカット足の裏の毛が伸びすぎると、フローリングの床で滑って関節を痛めることもあります。肉球が見えるくらいに、こまめにカットしてあげましょう。


肛門腺絞りトイプードルはもちろん、犬の肛門の左右には肛門嚢という袋があります。この内部には分泌液がたまっていて、排便するときに少しずつ排出されるトイプードルや、あまりたまらないトイプードルもいます。

しかし、たまった分泌液を定期的に絞り出さないと、肛門腺が炎症をこしたり、肛門嚢が破裂してしまうトイプードルもいます。愛犬のトイプードルがどのようなタイプか、動物病院やトリミングサロンで確認しておきましょう。

トリミングサロンではシャンプーのついでに通常は肛門腺も絞ってくれますが、それより頻回にする必要がある場合は、自宅または動物病院で肛門腺絞りを行なうようにしてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのお手入れ方法 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT