トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが拾い食いをしてしまう理由

スポンサードリンク

★トイプードルが拾い食いをしてしまう理由


プードル5


愛犬のトイプードルのお散歩中に、道端に落ちている何かを愛犬のトイプードルがパクリと食べてしまうことがあります。これがいわゆる拾い食いです。


★トイプードルは口に入れてしまう習性が染みついている


ごはんは十分に与えているのになぜ落ちているものを食べてしまうのでしょうか。トイプードルを含め、「犬が拾い食いをする」には野生時代の名残です。

当時のようにあなたのような優しい飼い主さんはいません。常に飢えと戦って、食べられそうなものが落ちていると、他の動物より先に口に入れてしまうという習性が染みついているのです。

しかし、拾い食いをするようになったきっかけが飼い主さんにあることもあります。料理をしているとき、食材の切れ端が床に落ちてしまうことがありますよね。

また、食事中に料理をこぼしたり、子供がお菓子をボロボロと落としてしまうこともあります。それらを目ざとく見つけて「パクリ」と食べてしまうのです。

私たち人間が食べようとしていたものなので美味しいのは当然です。その結果、愛犬のトイプードルは「落ちているもの=美味しいもの」と学習して、お散歩中でも「何か落ちていないかな~」と探すようになってしまいます。

しかし、道端に落ちているのは食べ物だけとは限りません。たばこの吸い殻や金属片、ときにはわざと毒物を含ませたお菓子が落ちていることだってあります。

そのため、拾い食いは絶対にやめさせるべきです。拾い食いをやめさせるためには、「落ちているもの=まずいもの」と学習させるのが効果的です。

ちょっとカワそうな気もするとは思いますが、わざとまずいものを愛犬のトイプードルに食べさせます。まず、ビターアップルやタバスコ、からし、わさびなどを小麦粉に練り込んでお団子を作ります。

そして、料理中や食事中にわざとそのお団子を床に落とします。すると、拾い食いが癖になっているトイプードルはすぐにお団子を口に入れはずです。

しかし、口の中に広がる大嫌いな味。これを何回か繰り返すと、「落ちているものを食べたらとんでもない目に遭う」と学習し、拾い食いをしなくなります。

また、トレーニングの際に、ご褒美のおやつを床や地面に置く飼い主さんがいますが、これは愛犬のトイプードルに「落ちているものを拾って食べてもいい」と学習させることになるので絶対にやめましょう。

一度口に入れた物を出させる訓練も大切です。最初は大好きなボール遊びをしているときに「出して」「出せ」などの指示を出し、咥えているボールをリリースさせるといいでしょう。

それがうまくいくようになったらおやつをあげるときに「出して」「出せ」の指示を出します。もし、愛犬のトイプードルが飼い主さんをリーダーと認めていたら、大好物でもいうことを聞くようになります。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 問題行動の直し方 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT