トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのためにストレスの少ない生活環境を整える

スポンサードリンク

★トイプードルのためにストレスの少ない生活環境を整える


プードル19


トイプードルはもちろん、人間社会の中で、私たち人間の都合に合わせて生活している犬たちは、日々大きなストレスにさらされています。


★ストレスはトイプードルの老化を速める


ストレスとは、肉体的と精神的な緊張状態を指す言葉です。トイプードルはもちろん、犬はもともと我慢強い動物ですが、それでも長期にわたって日常的にストレスを感じる生活環境であれば、いずれ体調を崩してしまいます。

その結果、ホルモンの分泌や神経系に影響が出て病気を発症したり、老化も速く進むことになります。トイプードルはどんなときにストレスを感じるのかといえば、それは犬の基本的な欲求が満たされていない場合です。

トイプードルを含め、犬には大きく分けて4つの基本的欲求があるといわれています。まず1つめは『体の保持』です。これは狩猟行動の保持でもあり、「食べる」「食べ物を守る」「運動」「穴掘り」「グルーミング」などの行動欲求のことです。

2つめは『安全の保持』です。安全の保持は、「不安や危険を回避したい」「縄張り(テリトリー)を守りたい」という欲求です。3つめのは群れのメンバーとの関係を存続させる『社会的なコンタクト』です。

4つめは、交配行動や配偶者を探す『生殖』の欲求です。これらが満たされない生活環境にあると、トイプードルのストレスは大きくなってしまいます。

また、誰にも邪魔されず、一人になれる場所(ハウス)はトイプードルはもちろん、犬にも必要ですし、厳しいトレーニングがストレスの要因になることもあります。

体の衰えから思うように身体を動かせなくなれば、恐怖感や不安感がつのってくることもあります。飼い犬であれば当然すべての欲求が満たされることはありません。

しかし、飼い主さんのちょっとした気遣いで、愛犬のトイプードルのストレスの原因を取り除いてあげることはできます。「うちの子は大丈夫」と決めつけず、毎日少しでも長い時間を愛犬のトイプードルとお過ごしください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法






| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT