トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの心と身体の健康のためにできること

スポンサードリンク

★トイプードルの心と身体の健康のためにできること


プードル28


長くストレスにさらされた犬は、精神的に不安定になり、行動にも変化があらわれます。落ち着きがなくなる、足先をずっと舐め続ける、毛を引きちぎる、自分の体を噛むなどのほか、よだれや震えが出てくることもあります。下痢、脱毛、フケといった症状にあらわれることもあります。


★トイプードルのストレスを減らす環境作り


愛犬のトイプードルをストレスから守り、健康の期間であるヘルス・スパンを延ばしてあげるためには、基本的な欲求をできるだけ満たす環境づくりが大切です。

まずは愛犬のトイプードルの生活環境を見直してみましょう。例えば、住環境なら、暑さ・寒さや騒音など、お家の中での過ごし安さに問題はないかをチェックします。

年をとるとトイプードルも体温調節の機能が衰えます。住まいの中でも多少温度差の違う場所を用意して、暑い、あるいは寒いときは、愛犬のトイプードルが自由に移動できるようにしましょう。

足腰の病気を抱えているトイプードルや老犬のトイプードルにとっては、お家の中の小さな段差や階段、滑りやすいフローリングは危険を伴います。

ちょっとしたリフォームで解消できる場合もありますが、それでも愛犬のトイプードルにとって危険な場所が残るときには、出入りを制限するためのゲートを設置するのも1つの方法です。

また、一人で静かに過ごすための場所も用意してあげることも大切です。清潔な環境を保つことも心掛けてほしいことの1つです。

また、ブラッシングや耳・口内のケア、適度なシャンプーなど、愛犬のトイプードルの体を清潔に保つことも忘れないようにしてください。

社会的なコンタクトへの欲求には、飼い主さんや他の犬との楽しいコミュニケーションの時間を持つことです。適度な運動とスキンシップはストレス解消に非常に効果的です。

愛犬のトイプードルが老犬になってもお家の中でじっとさせたままにしないように心掛けてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT