トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

高齢のトイプードルの身体に負担をかけない運動

スポンサードリンク

★高齢のトイプードルの身体に負担をかけない運動


プードル31


トイプードルはもちろん、犬がシニアに差し掛かると、骨量が徐々に減少して、骨が弱くなります。また、関節を形成する軟骨の張力、硬さ、量などが減少していきます。さらに、靭帯も老化して硬くもろくなります。


★トイプードルの関節をケアしよう


愛犬のトイプードルが老犬といわれているシニアの準備期に入ったら、骨や軟骨、靭帯などに負担をかけないように気をつけましょう。

靭帯は骨同士をつないで離れないようにしているゴムのような伸縮性はありませんが、脚の動きをスムーズに保つ、重要な役割を担っています。

靭帯は一度損傷すると元通りの弾力を取り戻せなくなるため、シニアに入ってからはとくに靭帯の様子に気をつけてください。

脚をかばったり、お尻を振りながら歩くようになったりしたら(モンローウォーク)すぐにかかりつけの動物病院で獣医師さんに相談するようにしてください。


★トイプードルの身体に負担をかけない運動をさせよう


ボール遊びは跳んだり、急な方向転換をしたりして股関節に負担をかけるので避けたほうがいいでしょう。また、走るのはやめて歩くことを心掛けます。

階段の上り下りは、愛犬のトイプードルの肩や腰などの関節に負担をかけます。階段や段差などはなるべく避けるようにお散歩コースを考えるようにしましょう。

過度のお散歩は厳禁ですが、過度な運動は関節を柔軟に保ちながら筋力を維持したり、脳に適切な刺激を与えて活性化したりする上でも非常に重要です。様子を見ながら無理のない範囲で、愛犬のトイプードルとのお散歩を楽しんでください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 高齢犬になった時の注意 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT