トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルと電車や車で出かけるときのマナーと安全対策

スポンサードリンク

★トイプードルと電車や車で出かけるときのマナーと安全対策


プードル1


小型犬のトイプードルは、キャリーバッグやクレートに入れて電車に乗ることができます。ただし、キャリーなどの大きさには制限があり、料金が別途かかる場合もあります。詳しくは利用する鉄道会社に問い合わせてください。


★トイプードルを車や電車に乗せる前に慣らしておこう


キャリーバッグに入っていても、吠えたり鳴いたりすると、他の乗客に迷惑がかかります。キャリーバックやクレートに落ち着いて入っていられるようになってから利用するようにしてください。

初めは無理せず、1駅分乗車できることを目標にして、徐々に電車に慣らしていきましょう。また、最初は他の乗客と距離を保った方が飼い主さんも愛犬のトイプードルも安心です。

連結部やドア付近に立っていたほうが良いでしょう。たまに愛犬の頭だけ出して乗車している飼い主さんがいらっしゃいます。これはルール違反です。

それにトイプードルはもちろん、犬もキャリーバッグに完全に入っている方が安心します。振動で酔ってしまうことがありますので、電車に慣れるまでは、乗車前の食事は少なめにしましょう。

愛犬のトイプードイルを車に乗せるときは、安全を第一に考えましょう。基本は、愛犬をクレートに入れること。自由にさせておくと運転の邪魔をしたり、イタズラをしたりと危険です。

また、外の景色に興奮して吠えたりするのも防げます。まずはクレートの中で落ち着けていられるよう、ハウストレーニングをしておきましょう。

出発前にはトイレを済ませ、胃に負担がかからないよう食事は少なめにしましょう。愛犬のトイプードルが車酔いしやすい場合は、動物病院で酔い止めのお薬を相談し、もし吐いても騒がずにサッと片づけるようにしてください。

そして、最初のドライブはほんの数分にし、徐々に距離と時間を伸ばしていくことが大切です。無理をすると車嫌いになってしまうので、様子を見ながら慣らしていきましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルとお出掛け | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT