トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの「おて」「おかわり」と「まて」の教え方

スポンサードリンク

★トイプードルの「おて」「おかわり」と「まて」の教え方


プードル13


「おて」と「おかわり」はトイプードルはもちろん、犬がもっとも覚えやすい芸とされています。飼い主さんは、「おすわり」している愛犬のトイプードルにドッグフードやおやつを見せてから手に握り、愛犬のトイプードルの右前足の前あたりに出します。


★トイプードルの「おて」と「おかわり」を教えるポイント


トイプードルはドッグフードやおやつ欲しさに興奮して、食べ物を取ろうと右前足を出して「おて」のしぐさをします。ここで「おて」と言いながらドッグフードやおやつを与えながら褒めます。

やがて飼い主さんがドッグフードやおやつを持っていなくても「おて」と声をかけるだけで「おて」ができるようになります。「おて」ができるようになったら、「おかわり」もすぐにできるようになります。

「おて」と同じ要領で、今度は愛犬のトイプードルの左前足の前あたりにおやつを握った手を差し出して、「おかわり」と声をかけます。

慣れるまで「おて」のときは左手を、「おかわり」のときは右手を差し出すように飼い主さんの手も使い分けると、「おて」と「おかわり」を交互にやらせても混乱しにくくなります。


★トイプードルに「まて」を教えるポイント


トイプードルを含め、犬はお散歩に行くときや美味しそうなごはんを前にすると大興奮しますが、ここで「まて」ができるようになると、落ち着かせることができるので安全です。

写真を撮るときも、「まて」ができると可愛いショットが撮れます。「まて」を愛犬のトイプードルに教えるときは、まず飼い主さんがドッグフードやおやつを持って、愛犬のトイプードルに「おすわり」をさせます。

トイプードルが動こうとしたらおやつを与えて、与える感覚を少しずつ伸ばして、長い時間座ったままでいられるようにします。

ここまでできたら、手のひらを広げて愛犬のトイプードルに見せ、「まて」と指示を出します。アイコンタクトをしながら、そのまま1~2秒待ちます。

10秒ほど動かずにいられるようになったら次は「まて」と指示を出し、後ずさりして離れてみましょう。上手くできたら素早く褒めてドッグフードやおやつを与えます。

待っていると良いことがあると覚えさせるのがポイントです。飼い主さんが離れる距離を長くするなどでレベルアップをはかりましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット





| 基本のしつけ | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT