トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルは狭くて暗い場所が好き

スポンサードリンク

★トイプードルは狭くて暗い場所が好き


プードル27


お友達や親戚の人などのお客さんがお家に遊びにいてから、どうも愛犬のトイプードルの姿が見えないと思ったら、イスやテーブルの下などにもぐり込んでいっこうに出てきません。初めてのお客さんに怖気づいてしまったようです。


★ハウスはトイプードルにとって心強い味方


野生時代の犬は狭くて暗い巣穴で生まれ、そこでお母さん犬に守られながら育ちました。成長するとそこを出て行きますが、その後も狭くて暗い場所を見つけて寝床にしようとします。

なぜなら外敵の心配をせず、ゆっくりと体を休めることができるからです。怖い思いをしたときにイスやテーブルの下にもぐり込ぬのも、そこが巣穴に似ているからです。

この本能は今も残っていて、お産をするメス犬は狭くて暗いところに入りますし、身体の具合が悪いときも狭くて暗いところでじっとしています。

最近ではどんな犬種でもお家の中で飼うご家庭が多くなりましたが、庭で飼う犬のためには、犬小屋を置いてあげるのが一般的です。

これは雨風をしのぐためという意味もありますが、様くて暗いところを好む犬が安心して過ごせる場所を確保してあげるためでもあります。室内外が多くなった現代でも、犬は室内にいても狭くて暗いところを探す習性があります。

サークルやゲージ、クレートなどのハウスに入れることを「狭いところに閉じ込めるはかわいそう」と敬遠する飼い主さんもいらっしゃいますが、トイプードルはもちろん、犬にとってはハウスはもっとも安心できる場所なのです。

ハウスがないほうが可愛そうなので、お留守番のときや苦手なお客さんが来たとき、ハウスは愛犬のトイプードルにとって心強い味方になります。愛犬のトイプードルが安心できるハウスを用意してあげたいものですよね。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT