トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルとのアイコンタクト事情

スポンサードリンク

★トイプードルとのアイコンタクト事情


プードル13


どんなにフレンドリーなトイプードルでも、上からじっと見つめられたり、上から急に手を伸ばされると「威嚇された!」と感じて、攻撃的な態度に出ることがあるので注意が必要です。


★飼い主との見つめ合いを嫌がるトイプードルもいる


トイプードルの飼い方を紹介している本の中には、「愛犬とのコミュニケーションをとろうとする場合、アイコンタクトが重要な役割を果たします」と記載されていることがよくあります。

アイコンタクトは、相手の反応を期待して用いられる視線のことで、正式な心理学用語です。しかし、私たち人間同士のアイコンタクトと人間対犬のアイコンタクトは外見は似ていますが実態は異なるものです。

トイプードルはもちろん、犬も飼い主さんとアイコンタクトをするのは事実ですが、飼い主さんが上から見下ろす視線はアイコンタクトとは言えません。

なぜなら、見下ろす視線には敵意や反発の意味が込められているからです。それは「見下ろす」という言葉に「見下す」という読み方があることからも明らかです。

トイプードルとのアイコンタクトは、愛犬のトイプードルが飼い主さんを見上げるときのこと、または飼い主さんの視線を愛犬のトイプードルが追い、何を欲しているのか理解することをいいます。

事実、強い信頼関係で結ばれた飼い主さんと愛犬のトイプードルの場合、視線を移しただけでハウスに入ったり、お散歩中の進行方向を変えるものです。

中には犬と見つめ合うことがアイコンタクトだと勘違いしている飼い主さんもいらっしゃいますが、それは人間同士の間だけです。犬との見つめ合いは緊張感を高め、場合によっては攻撃を受けることもあるので注意が必要です。

「でもうちのワンちゃんは私と見つめ合うのが好きなんだけどな…」と思う飼い主さんもいらっしゃると思います。おそらくその飼い主さんはトイプードルやチワワ、シーズー、マルチーズといった可愛がられるため作出された小型犬の飼い主さんが多いかと思います。

「ベイビーネス」といって、人には生まれつき目が大きい生き物に愛情を感じる心理があり、ついつい見つめてしまいます。ほとんどの小型犬は可愛がられるためだけに品種改良されてきました。

その結果、獲得したのが大きな目と見つめられても嫌がらない性格なのです。つまり、本来犬が持っている「見つめられると緊張する」という性格を、品種改良によって排除してしまった訳です。

飼っている小型犬が「見つめられるのが好き」だからといって、大型犬には同じことをしないように注意しましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのコミュニケーション | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT