トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのヒゲは切っても問題ない

スポンサードリンク

★トイプードルのヒゲは切っても問題ない


プードル18


犬と違って猫のヒゲはとても優秀なセンサーの役割を持っていて、障害物との距離を計測するだけではなく、平衡感覚の維持、風向きの計測、更には獲物のニオイをキャッチする働きもしています。


★トイプードルのヒゲは切ってしまっても大丈夫?


様々な働きを用いる猫のヒゲ。そのため猫のヒゲを切ってしまうと、ネズミを獲れなくなるどころか、まともに動き回ることさえできなくなるといわれています。

ところが、トイプードルはもちろん、犬のヒゲはそれほど敏感ではありません。野生時代には現在よりもはるかに敏感で、猫のヒゲと同等の働きをしていたようですが、犬は1万年以上も前に家畜化されたため、敏感である必要がなくなってしまったのです。

そのため、トイプードルのヒゲを切っても、猫のように動けなくなるということはありません。最近は、顔が精悍に見えるため、トリミングをいする際にヒゲも一緒に切ってしまうとう飼い主さんがほとんどだと思います。

ただし、ヒゲも完全に退化してしまったわけではありません。その証拠に、もし愛犬のトイプードルにヒゲが残っていたら、そっと触れてみてください。

右のヒゲに触れると右目を閉じるはずです。もちろん、左のヒゲに触れれば左目を閉じます。これは、障害物や異物が突然近づいてきたときに眼球を守るための反応です。つまり、センサー機能がまだ残っているということです。

せっかくセンサー機能が残っているのですから、異物で眼球を傷つけることが多いチワワやシーズー、パグなどや、視力が弱ってあちこちに顔や体をぶつけるようになった老犬は、被毛絵お残しておいたほうがいいでしょう。

もし、ヒゲを切ると言う場合も、根元から切り抜くのだけはやめてください。猫ほど敏感ではないものの、犬のヒゲにも神経が通っているので、引っこ抜けば痛がりますので絶対にやめてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トリミングについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT