トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルがケンカを始めたときの対処法

スポンサードリンク

★トイプードルがケンカを始めたときの対処法


プードル1


ドッグランで愛犬のトイプードルを遊ばせているときに周囲の犬がケンカを始めたら、すぐに愛犬のトイプードルにリードをつけて退場しましょう。そのままケンカの興奮が伝わり、愛犬のトイプードルまでケンカに加わります。


★トイプードルがケンカを始めても大声を出さない


同じ年の子犬を複数飼っていると、相手に向かって「ヴーッ!」と唸ったり、背中や脚に噛みつくことがあります。本気のケンカなのか、じゃれ合いなのか、あまり犬に詳しくない飼い主さんには判断が難しいところですが、これは遊びの一種です。

噛みついていても甘噛みのため、相手の犬はケガをしていないはずです。こうして子犬のトイプードルは犬社会のコミュニケーション方法を学んでいくのですが、成犬同士のケンカとなると少し訳が違います。

トイプードルはもちろん、犬の牙は鋭く、顎の力も協力です。そのため、トイプードルやチワワのような小型同士でも流血騒ぎになりますし、大型犬同士の場合は相手の犬の命を奪いかねません。

もちろん飼い主さんも愛犬のトイプードルのケンカには注意を払っているでしょうが、ドッグランのように不特定多数の犬が集う場所では、ちょっと目を離した隙に犬同士のケンカが始まってしまうことがあります。

目の前でケンカが始まると、飼い主さんは当然焦ります。しかし、だからといって大声で叫ぶのは禁物です。大声は犬の興奮をさらに高め、悪い結果をもたらすからです。

犬のケンカを止めるための最良の方法は、水をかけることです。水道のホースや水の入ったバケツがあったら思いきりお水をかけましょう。


そうすれば、どんな激しいケンカでも一瞬おさまるので、その瞬間に2頭を黙って引き離します。ただし、水道のホースやバケツを持ってくる前にケンカがおさまっていることも珍しくありません。

ケンカが起きるのはどちらかが上位にいるのか明確でないときだけです。ほとんどの場合、犬は最初の一撃で「こいつに敵わないワン!」と判断するので、数秒後には片方の犬がお腹を見せていたり、「クーン」という服従を表す甲高い声で鳴いているはずです。

たとえ無傷で済んだとしても、他の犬とケンカをするのは好ましいことではありません。もし愛犬のトイプードルがケンカをした場合は、すぐにマズルをつかんで睨みつけ、ドッグランから退出させましょう。

楽しいドッグランで遊べなくなるというのが、愛犬のトイプードルにとって最大のお仕置きになります。


愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT