トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルには癒しの効果がある

スポンサードリンク

★トイプードルに癒しの効果がある


プードル15


仕事でぐったり疲れて帰ってきても、愛犬のトイプードルが玄関でお出迎えしてくれると、それだけで元気が回復するようなきがしますよね。


★トイプードルを飼っていると病気にかかりにくい?


これはいわゆる「癒し効果」ですが、単なる気分の問題ではなく、犬を飼っていると次のような病気にかかりにくくなるといわれています。


うつ病以前は特別な病気と思われていましたが、「心の風邪」と言われていたこともあるほど今では珍しい病気ではありませんし、日本でも認知されてきました。

そして、犬を飼っているとうつ病になりにくいという研究結果も出ています。また、ストレスはうつ病の原因とされていますが、職場で犬を飼ったところ、働く人たちのストレスが軽くなり、作業率が上がったという実験結果もあります。


心臓病や高血圧トイプードルはもちろん、犬を飼っているとお散歩に行かなければなりません。面倒だと思っている人もいるかもしれませんが、実はそのお談歩が飼い主さんの健康維持に役立っているのです。

ある調査によると、犬を飼っている人は、犬を飼っていない人に比べて血圧が正常値に近かったそうです。

さらに、65歳以上で犬を飼っているひとほど健康的な生活をしているという統計も出ています。お散歩をすれなするほど、愛犬のトイプードルも飼い主さんの体も喜びうというわけです。


老化老化は病気ではありませんが、ある調査によると、犬を飼っている人の身体能力と精神的幸福度は、犬を飼っていない人に比べて10歳近く若いことがわかったそうです。

また、犬を飼うことで認知症の発症を遅らせることができるという研究結果もあります。これは、「世話をしなければならない」「飼い主として愛犬に必要とされている」という気持ちが生まれるためと考えられています。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット


| トイプードルのコミュニケーション | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT