トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの友好的な行動とは

スポンサードリンク

★トイプードルの友好的な行動とは


プードル33


まるで身体を乾かすかのように、トイプードルが身体をブルブル震わすことがあります。これは私たち人間でいうと武者震いと同じで、緊張している証拠です。知らない犬がこのしぐさをしたら、カーブを描きながら近づきましょう。


★トイプードルがジグザグに歩いたら親しくなりたいと思っている証拠


見かけない犬と道や公園などですれ違おうとしたとき、相手の犬が急にジグザグに歩きはじめるときがあります。「うちの子が怖いのかな?」「臆病なワンちゃんなのかな?」と思いがちですが、犬の気持ちはちょっと違います。

トイプードルはもちろん、犬がある人物や他の犬に対し、ジグザグに歩いたり、カーブを描きながら近づいて行くときは、「あなたに敵意はありませんので攻撃しないでください」という友好的な意思を表しています。

つまり、トイプードルを含め、犬がこんな態度で近づいてきたら、愛犬のトイプードルと親しくなりたいと思っているということです。勘違いしてリードを強く引っ張ると、きっと相手の犬はガッカリするはずです。

イタズラをして飼い主さんに怒られたり、いつになく強い口調で「おいでっ!」「来い!」と言われたときにも、トイプードルはカーブやジグザグを描きながら飼い主さんに近づいてきます。

これは、「僕(私)に敵意はありませんから、怒らないでください」と気う気持ちを表しています。
この歩き方は、犬が苦手という人にも利用できます。

お散歩中の犬が向こうから近づいてきて逃げ場がない場合は、ジグザグ歩きやカーブを描きながらゆっくりと歩くのです。

飼い主さんが犬の心理を知らない場合には少し不気味がられるかもしれませんが、このようにして近づいて行けば、例え吠え癖のある犬でも、「あの人に敵意はないようだからスルーしよう」と判断してしてくれます。

ちなみに、このときは視線も合わせないことが重要です。視線のぶつかり合いは対決とみなされるためです。可愛い犬がいると、凝視したまま一目散に近づいて行く人もいますが、これは犬にとっては恐怖でしかありません。

こんなことをすると、どんなにフレンドリーな犬でも攻撃してくることがあります。同じように、例えば見知らぬ犬があなたのことを凝視しながら真っすぐ近づいてきたら、かなり危険なサインです。

理由はわかりませんが、あなたに対してその犬が敵意を持っていると考えられます。しかし、恐ろしいからといって急に逃げ出したり、大声を上げると、犬は興奮して追いかけてきます。背中を向けてゆっくりその場から立ち去るようにしましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのコミュニケーション | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT