トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの神経と消化器

スポンサードリンク

★トイプードルの神経と消化器


プードル7


トイプードルを含め、犬の神経は脊椎からなる1本の中枢神経と、そこから体の各部位に細かく分かれてていく末梢神経から成り立っています。


★トイプードルの自律神経が狂うと不調が起こる


脳から指令を中枢神経が受け取り、末梢神経はその指令を細部に伝えます。神経に異常をきたすと脳の指令を上手く受け取れないので、体の不都合が出ます。てんかんなどが代表的な病気です。

また、意識しなくても体の各機能を調整してくれる神経を自律神経と呼び、交感神経に分かれています。この自律神経に異常をきたすと、食欲不振、嘔吐、めまいなどの様々な症状が出てきます。自律神経はストレスや環境で狂うこともあります。


★トイプードルの消化器官の流れは人間とほぼ同じ


口からとり入れた食物は食道を通り、胃に収まります。胃で食物を分解し、小腸、大腸で栄養を吸収します。これがトイプードルを含め、犬の消化器官の流れで、ほぼ私たち人間と一緒です。

しかし、違いもあります。例えば、私たち人間は口である程度消化しますが、トイプードルはもちろん、犬は食物をほとんど丸飲みするので、あまり消化の役割は果たしていません。

その分、胃酸が強く、ここで食物を溶かしています。
そうして液体になった食物の栄養を小腸・大腸から吸収します。消化器系の疾患には、慢性胃炎、急性胃炎、下痢症があります。

飲み込んだものが胃や腸につまって閉塞を起こすこともあります。拾い食いや異物誤飲の癖があるトイプードルは注意したほうがいいでしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT