トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルがトイレでオシッコをしてくれない

スポンサードリンク

★トイプードルがトイレでオシッコをしてくれない


プードル38


オス、メスに関わらず、マーキングは犬の本能による行動です。マーキングすることは犬にとって快感です。しかし、トイレ以外のところでオシッコをされては飼い主さんも困ってしまいますし、衛生面でも心配です。


★トイプードルのトイレの失敗は犬の反抗期かもしれない


お家の中でのトイレのしつけはちゃんとできているのに、急に部屋のあちこちにオシッコをするようになった…というケースがあります。

生後6ヵ月以降に増えてくる、若年期から成熟期に多い行動です。ロープを張ったり、ブルーシート、レジャーソートを敷いて陣地を確保するお花見の場所取りに似ています。

マーキングとは、オシッコをかけて自分の存在やテリトリー(縄張り)をアピールすることいいます。オスのトイピードルに多く見られますが、メスのトイプードルもマーキングをします。

マーキングは犬の本能ですが、おやつなどを上手に使うと、それほど困ったことにはなりません。去勢手術をすると、オスらしい作業としてのマーキングは劇的に減ることも多いようです。

しかし、オスの習性とは関係なく、学習不足による不満や不安などからくるマーキングは減りにくいようです。

生後6ヵ月ごろからでやすい行動ですが、トイレでオシッコしたらおやつ、トイレでオシッコしなかったらハウスに入れるなどすれば、上手に学習させることも可能です。

この場合、お散歩でのマーキングも制限するとお家の中での学習の成功率も上がります。

また、愛犬のトイプードル体の大きさに比べてトイレが小さい、トイレがベッドやハウスに近すぎる、お部屋の模様替えでトイレの場所が変わったのが気に入らない、トイレシートが汚れたままなので使いたくないなど、トイプードルがトイレ以外の場所でオシッコをしてしまう理由はたくさんあります。

愛犬のトイプードルがトイレシートを使いたがらない原因を探り、環境を改善してあげるようにしてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイレのしつけ方 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT