トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが体を丸めて動かない理由

スポンサードリンク

★トイプードルが体を丸めて動かない理由


プードル


手足を体の中に折り込むようにして、丸くなりじっとして動かないことがあります。「元気がないのかしら?」「お腹でも痛いのかしら?」「寝不足なの?」と思うかもしれませんが、この行動は、トイプードルはもちろん、犬にはよくあることです。


★トイプードルでも寒がりなトイプードルもいる


体を丸くしてうずくまっているのは寒いからです。私たち人間も寒いと体を縮めるのと同様に、トイプードルを含め、犬も少しでも体を小さくして熱が奪われるのを防ごうとしているのです。

とくにイタグレなど、寒さに弱い犬種ではありがちな行動です。また、暑くて冷房をガンガンにかけていると、トイプードルも寒くて丸まることもあります。

秋田犬やシベリアンハスキーなど、寒冷地に適している犬種もいますが、トイプードルも寒さには強い犬種ですが寒がりなトイプードルも少なくありません。寒さ対策をしてあげましょう。

また、身体を小刻みに震わせたり、丸くなったりしているときは、病気の可能性もあります。耳を倒し、しっぽを丸め、動こうともせず、じっとしていたりもします。

このような様子のときは、発熱のために寒くて震えている場合や、関節や体のどこかに痛みを感じている場合もあります。まずは、愛犬のトイプードルの全身を触ってみて、痛がるところがないかどうかチェックしてください。

普段と様子が違い、元気がなくて心配なときは、かかりつけの動物病院に受診し、獣医師さんの診察を受けるようにしてください。受診するときは、いつごろからどんなふうなのか、食事や排泄の状況とともに伝えましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT