トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの去勢手術と避妊手術について考える

スポンサードリンク

★トイプードルの去勢手術と避妊手術について考える


プードル8


愛犬のトイプードルの去勢手術や避妊手術をどうするか…。飼い主さんにとって、とても大きな悩みの1つです。ひとたび手術をしたら、元に戻すことはできないので、メリットとデメリットをよく考えてから判断しなければなりません。


★トイプードルの去勢手術と避妊手術はしたほうがいいのか?


【去勢手術・避妊手術をした場合のメリット】

◆一部の病気を予防できる➤生殖器を除去するため、オスのトイプードルの場合は精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫、メスのトイプードルの場合は卵巣腫瘍、子宮蓄膿症などの病気にかかる心配がなくなります。


◆ストレスが減る(オスのトイプードルの場合)➤メスがヒートすると、去勢手術していないオスのトイプードルは性的に興奮します、それでも結局、交尾はできないわけですからストレスはたまる一方です。去勢手術をすれば、そのストレスをなくせます。


◆攻撃性が低下する➤オス(男性)のほうが攻撃性が高いのは、どの世界でも同じです。これは男性ホルモンの影響ですから、去勢手術をすると攻撃性が低下します。同時にマーキングやマウンティングも治まることがあります。


【去勢手術・避妊手術をした場合のデメリット】

◆手術にリスクがともなう➤オス、メス両方にいえることですが、とくにメスのトイプードルの場合は開腹手術を行うため、全身麻酔をかけます。この際に事故が起きる可能性はゼロとはいえません。


◆太りやすくなる➤オスもメスもホルモンバランスが崩れて基礎代謝率が低くなる傾向があります。その結果、肥満することがあります。


◆尿失禁を起こすことがある➤手術の後遺症です。とくに大型犬に発症することが多く、そのリスクを考えておく必要があります。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット





| 避妊・去勢手術について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT