トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのヒゲは切ってもいいの?

スポンサードリンク

★トイプードルのヒゲは切ってもいいの?


プードル9


トイプードルを含め、犬のヒゲは切るべきか否かは、未だに続く議論であり、問題でもあります。切ってしまったほうが口元がスッキリ見えるのは事実です。しかし、老犬のトイプードルの場合は残しておいてあげたほうが良さそうです。


★トイプードルのヒゲは五感を補助するためのセンサー


ある実験によると、猫は目隠しをしていても獲物を簡単に捕まえることができるそうです。ところがヒゲを切ってしまった猫は、目が見える状態でもうまく獲物を捕らえられません。

それどころか、バランス感覚を失ってうまく歩けなくなった猫もいるそうです。これは、猫にとってヒゲがいかに重要かを示すエピソードと言えるでしょう。

ところで、愛犬のトイプードルをトリミングするために美容院に連れて行くと、当たり前のようにヒゲを切られてしまいます。それでもトイプードルはバランスを崩す様子は見られませんが、本当に大丈夫なのでしょうか。

そして、トイプードルはもちろん、犬は不快に思っていないのでしょうか。犬や猫のヒゲのことを『触毛』といいます。触毛の根元には神経が通っていて、障害物との距離を測ったり、バランスを保つ働きをしています。

ヒゲを切られた猫が身体のバランスを失ってしまったのはこのためです。しかし、トイプードルを含め、犬は嗅覚や聴力などの感覚を鋭敏化させたため、猫ほどヒゲに頼らない進化を遂げました。

つまり、トイプードルはもちろん、犬のヒゲは猫ほど敏感ではなくなり、センサーとしての働きも弱くなっているのです。しかも、トイプードルを含め、犬はヒゲがないほうが精悍な顔つきに見えるため、犬のヒゲは切ったほうが良いと考えられるようになりました。

おそらく、本当に不要なら退化していたはずでは?と疑問に思う人もいらっしゃるかもしれません。確かに、犬のヒゲは猫ほど敏感ではないが、未だに役割を持っているという説もあります。

もし、愛犬のトイプードルのヒゲをカットしていなかったら、ヒゲに触ってみてください。触れたほうの目を瞬かせるはずです。つまり、センサーとしてまったく機能していないわけではないということです。

五感を補助するためにセンサーとして利用しているのでがないかと考えられます。五感が発達している若いトイプードルならヒゲを切っても問題はないでしょうが、視力や聴力が衰えた老犬のトイプードルを飼っている場合は、ヒゲをその衰えを補っているとも考えられるため、切らないほうがいいかもしれません。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トリミングについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT