トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのよだれは汗のかわり

スポンサードリンク

★トイプードルのよだれは汗のかわり


プードル13


私たち人間に比べ、犬は熱を発散するのが苦手です。そのため、私たち人間が「今日は暖かいな」と思うほどの気温でも、「凄く暑い」と感じています。


★トイプードルのパンティング


地球温暖化の影響でしょうか、年々夏の暑さが厳しくなっています。そのため、夏場にはちょっと愛犬のトイプードルのお散歩をしただけで汗だくになってしまいますよね。

こんなとき、愛犬のトイプードルも「ゼーゼー」と苦しそうな息をしているはずです。これは『パンティング』という犬特有の呼吸法で、体温を下げるための行動です。

私たち人間は汗をかくことで体温調節を行っています。これは汗が蒸発するときに熱を奪う『気化熱』という働きによるものです。しかし、トイプードルを含め、犬の身体にはほとんど汗腺がないので、汗をかいて体温を下げることができません。

そのため、舌を出してそこから大量の唾液を蒸発させると同時に、冷たい空気を体内に取り入れて体温を下げようとしているのです。パンティングは、多いときに毎分200回近い呼吸を伴うこともあります。

暑い日にお散歩をして帰ってくると、玄関に入った途端、愛犬のトイプードルが床にぺったりお腹をつけて動かなくなってしまうことがあります。

これは、毛の少ない腹部を冷たい床に接触させて体温を下げようとする行動です。あまりお行儀がよくないと感じる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、体の機能を正常に保つための行動ですので、しばらくそのままにしてあげてください。

いつまでたってもパンティングがおさまらなかったり、普段は見たことがないほど退路油のよだれを出している場合は、体温調節が上手くいかず熱中症にかかっている可能性があります。

この場合、エアコンが利いた部屋に入れたり、お風呂で水をかけるなどして体温を下げてあげましょう。また、脱水症状を防ぐために大量の水を用意してあげることも忘れないようにしてください。

それでも症状が改善せず、吐血や血尿を起こしたり、筋肉の痙攣が見られたら深刻な状態です。一刻も早く動物病院へ連れて行くようにしてください。

ちなみに、室内で過ごす時間の長いトイプードルのような小型犬の中にはパンティングが苦手なトイプードルもいます。そのため、さほど暑くない季節でも体温調節を上手く行なえず熱中症にかかってしまうこともあるので、より注意が必要です。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT