トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが鼻を持ち上げるときの気持ち

スポンサードリンク

★トイプードルが鼻を持ち上げるときの気持ち


プードル15


トイプードルを含め、犬は様々なボディランゲージで、相手との関係を良好に保とうとします。そては、できるかぎり争いを避けるための野生の知恵なのです。


★トイプードルの鼻を使ったボディランゲージ


同じニオイを嗅ぐしぐさでも、相手の犬が鼻を持ち上げてクンクンすることがあります。きっと、どこからか美味しいお料理の匂いが漂ってきているのだろうと思い、「うちのワンちゃんより嗅覚が鋭いのかしら」と感心してしまいそうになりますが、これは相手の緊張を和らげるためのポーズです。

「僕(私)には敵意はありませんので、あなたも落ち着いてください」というアピールなのです。もちろん、実際に相手のニオイを嗅いで何者かを判断しているという側面もありますが、どちらかというと力の弱い犬が先に見せることが多く、つまり「攻撃しないでください」というニュアンスが強く含まれています。

距離が近づくと、今度はその犬が座りこんでしまうことがあります。ふせとは違い、顔を上がっている状態ですが、これもあなたとの愛犬のトイプードルに「落ち着いてくださいね」と伝えるためのポーズです。

このとき犬顔をよく観察すると、口元が後ろに引かれているはずです。まるで微笑みを浮かべているようですが、これは「あなたに服従します」という意志表示です。

つまり、あなたの愛犬のトイプードルのことを上位と認めているサインです。トイプードルやチワワなどの小型犬にとって、大型犬はたとえどんな優しい性格でも怖い存在です。

とくに大型犬が近づくと身体を震わせたり、小刻みに口をパクパクさせるトイプードルは、「大きい犬が苦手」と思っている証拠です。

そのため、大型犬を飼われている飼い主さんは、お散歩の際に向こうから小型犬が近づいてきたら脇道にそれてあげるのがマナーです。

しかし、そうできないこともあるでしょう。そんなときは愛犬に「おすわり」や「ふせ」をさせ、小型犬をやり過ごすようにします。おすわりやふせをしているのは「攻撃しません」とうサインですから、小型犬も安心して通り過ぎることができるはずです。

中には大型犬のことを恐れないトイプードルもいます。勇気がある相手の場合も、いきなりお尻のニオイを嗅がせるのではなく、愛犬のトイプードルの反応を見ながら近づけるようにしてください。

愛犬のトイプードルがお尻を見せたら「何もしないから心配しないでいいよ」と言っている証拠ですから、飼い主さんに「どうぞ」と言ってあげましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルの気持ち | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT