トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

メスのトイプードルのヒートのサイン

スポンサードリンク

★メスのトイプードルのヒートのサイン


プードル20


交尾をしていないのに愛犬のトイプードルの胸が大きくなることがあります。これは偽妊娠という症状で、交尾を経験していないメスによく見られ、2ヵ月程続くこともあります。


★オスのトイプードルが興奮するのはヒートのサイン


避妊手術をしていない場合、メスは生後10ヵ月までに最初の発情期を迎えます。その後、半年に1回の割合で発情しますが、これをヒートといいます。

ヒートは出血によって始まります。この出血は他の犬に対し、「もうすぐ妊娠できる時期になります」と知らせているサインで、1週間から10日ほど続きます。

出血が終われば妊娠可能になった証拠です。排卵が起こり、約10日間本当の発情期を迎えます。この時期には、おしっこの回数が増えるなどの変化があります。

ところが、出血が終わるとヒートも終わったと考えている飼い主さんが意外と多く、「お散歩に連れ出したら周囲のオス犬が興奮した様子で愛犬のトイプードルに近寄ってきた」という恐ろしい体験をする人もいます。

しかし、恐ろしいと思うのは私たち人間だけです。オス犬は、自分の子孫を残したいという本能に従っているだけなのです。トイプードルはもちろん、犬にとってお散歩は大切な運動時間ですが、ヒート中のメス犬は独特のニオイを発しているため、外へ連れ出すのはあまりおすすめできません。

のぞまない妊娠の可能性もありすし、そのニオイを嗅ぎつけたオス犬たちにとっても非常に酷な話だからです。それでも愛犬のトイプードルをお散歩に連れて行きたいなら、早朝や深夜などなどできるだけ他の犬と出会わない時間帯を選ぶようにしましょう。

ただし、地方の場合は、野良犬がいまだにいることも忘れずに。そうしたリスクを避けたければ、やはりヒート中はお家の中や庭で運動させることが安全といえるでしょう。

ヒート中は部屋が汚れることがありますし、お散歩ができない不便さもあります。そのため、愛犬のトイプードルに子供を産ませるつもりがないのなら避妊手術を受けさせるというのも1つの選択肢です。

避妊手術を行うと、乳腺腫瘍や子宮・卵巣関係の病気を防ぐことができます。また、避妊手術すると、本来ヒート中に出るはずのホルモンが分泌されなくなるので、精神的に安定します。

ただし、もともとアレルギーを持っているトイプードルの中には、避妊手術によって症状がひどくなる場合もありますので、よく獣医師さんと相談するようにしてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルのオスとメス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT