トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルのお洋服について

スポンサードリンク

★トイプードルのお洋服について


プードル30


ワンちゃんお洋服の中にはビーズなどのアクセサリーをちりばめた豪華なものもあります。しかし、いくらキラキラしていても愛犬のトイプードルは喜びませんし、誤食の可能性が増しているだけなので、できるだけシンプルなお洋服を選ぶことをおすすめします。


★トイプードルのお洋服は気温に合わせた物を選ぶ


冬になるとセーター、雨の日にはレインコート、そしてハロウィンやクリスマスなどには着ぐるみなどを愛犬のトイプードルに着せる飼い主さんも多いことでしょう。

犬服マーケットは年々拡大しており、市場規模は3000億円にも達するという調査結果もあります。いくら3000億円市場といっても、犬を飼ったことがない人には理解できないでしょう。

「犬にお洋服を着せるなんて、単なる飼い主の自己満足で犬は迷惑がっている」と思っている人も多いのも事実です。海外の方が珍しがって写真を撮るくらいです。

しかし、そうとも言い切れません。短毛種のチワワやパグ、イタリアングレイハウンドなどの小型犬は寒さに弱い犬種なので、冬の井寒い時期には室内でもブルブル震えています。

こんな状態で愛犬にお洋服を着せずに外へ出したら、体力をひどく消耗して風邪などの病気にかかる可能性が高くなります。トイプードルやヨークシャーテリア、マルチーズなどの長毛種も、室内の暖かい環境に慣れてしまうと、冬のお散歩を嫌がり、どうしても運動不足になりがちです。

また、シベリアンハスキーや秋田犬のように本来は寒さに強い犬種も、生後1年を過ぎないと体温調節を上手くできませんし、10歳を超えた高齢犬も同様です。


そのため、冬や雨の日など、体温を奪われやすいときにはお洋服を着せてお散歩させた方がいいでしょう。犬にお洋服を着せたほうがいいケースがもう1つあります。

それは、柴犬やウェルシュコーギーのように抜け毛が多い犬種を車に乗せたり、他人に家を訪ねるときです。愛犬にお洋服を着せておけば他人様のお家の中に抜け毛をまき散らさずにすみますし、車内を衛生的に保つことができます。

とはいえ、中には愛犬のトイプードルにお洋服を着せようとすると極端に嫌がるトイプードルもいます。もともと服など着ないで生活してきたわけですから当然といえば当然ですが、「親の心子知らず」ですね。

そんなときは、おやつを見せながらお洋服を見せるなどして、「お洋服を着るといいことがあるよ」と教えるようにしましょう。

ちなみに、路面が熱いから靴を吐かせるという飼い主さんもいらっしゃいますが、靴を履かせなければお散歩ができないくらい熱いときは犬の全身が高温にさらされるため、お散歩の時間をずらしてあげたほうがいいでしょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルの個性を伸ばす | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT