トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルはヤキモチ焼き

スポンサードリンク

★トイプードルはヤキモチ焼き


プードル20


お散歩中にお友達や知り合い、犬友とばったり会うと、つい話し込んだり、ソファで家族や友人、恋人と話し込んでいると、愛犬のトイプードルが二人の間に割り込んでくることがあります。


★トイプードルは嫉妬心が強い


このようなことをするのは、嫉妬の気持ちがあるからです。「私(僕)のことを忘れていませんか?」とアピールしているのです。ちなみに、飼い主さんが犬に似たぬいぐるみのようなおもちゃと遊んでいるときも、その間に割って入ろうとします。

これは、アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが行なった実験結果で明らかになりました。このような嫉妬心を犬が持っているのは、「リーダー(ボス)に気に入られたほうが長生きできる確率が高くなる」という生存本能が関係していると、同研究チームは分析しています。

甘やかされて育ったトイプードルは、とくにこの嫉妬の気持ちが強く、ただ二人の間に割り込むだけではなく、唸ったり、吠えることもあります。

さらに、お母さんが赤ちゃんの世話をしているときにも間に割り込もうとするトイプードルもいます。ここまで行くと、甘えを通り越した問題行動ともいえるので、放置しておくわけにはいきません。

普段から厳しく割り込みを止めさせるようにしましょう。その方法は比較的簡単です。愛犬のトイプードルが二人の間の割りこもうとしたら、「まて」「おすわり」「ふせ」などの指示をかけてこうどうストップさせます。

そして、人間同士の会話や赤ちゃんの世話に没頭しましょう。トイプードルの中には指示に似たがったものの我慢できず、再び割り込みをしようとするトイプードルもいます。

このときに「仕方ないわね」「よしよし」などと許してしまうと、「あまり我慢する必要はない」と学習してしまうので、絶対に許さないようにしてください。もう一度指示を出して、大人しくさせましょう。


こうして会話や世話が一段落したら、必ず褒めてあげるようにしてください。もし、お散歩の途中なら、いつも入り遠くへお散歩に出てあげるのもいいでしょう。

すると、愛犬のトイプードルは「嫉妬をアピールしなければ、いい思いができる」と学習し、割り込みをしなくなります。嫉妬ではなく、「飼い主さんを守らなければ」という使命感で間に割って入る場合もあります。

飼い主さんがあまり馴染みのいない人や知らないい犬と話していると、「もしかしたら襲われるかもしれない!それを防がなければ!!」と考え、「これ以上、僕(私)の飼い主さんに近づいたら怒るからね!」と、相手に忠告することによって、争いを未然に防ごうとしているのです。

実は、私たち人間も同じようなこをしています。代表的なのは、舌打ちや咳払いです。ストレートに、「もう少し静かにしてほしい」「こんなことじゃダメだ」と言ってしまえばトラブルになりますが、舌打ちや咳払いで、「不満を持っている」ということを、言葉を使わずに相手に伝えているのです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルのコミュニケーション | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT