トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが舌を出してハアハアする理由

スポンサードリンク

★トイプードルが舌を出してハアハアする理由


プードル23


地球温暖化のせいもあり、年々夏の気温が高くなっています。私たち人間は夏服に着替えたり、エアコンをや扇風機をつけたりして、ある程度は暑さをコントロールできますが、トイプードルはもちろん、犬はそうはいきません。


★トイプードルにはほとんど汗腺がない


柴犬や秋田犬のような日本犬やシベリアンハスキーなど、四季のある国や寒冷地で生まれた犬は、冬毛が夏毛に生え替わりますが、それでも全身が毛皮で覆われていることに違いはありません。

また、トイプードルのようにあまり毛が生え替わらない犬種もいます。犬にとって日本の夏は辛い季節といえるでしょう。しかも、トイプードルを含め、犬には汗腺がほとんどありません。

私たち人間は暑くなると全身に汗をかき、それを蒸発させて気化熱で体温を下げていますが、犬には肉球にしか汗腺がないのです。正確にいうと、アポクリン腺という汗腺は犬も全身に持っています。

しかし、アポクリン腺から分泌されるのは犬のニオイの元になるベタベタした汗で、体温を下げる働きはしてくれません。そして、蒸発するサラサラしらた汗を分泌するエクリン腺は、肉球にしかないのです。

肉球は4つ合わせても私たち人間の手のひらほどのサイズの大きさですから、犬の全身の体温を下げるほどの能力はありません。

そのため、トイプードルを含め、犬は暑くなると舌を出して、ハアハア息をして体温を下げようとします。とても苦しそうに見えますが、これは『パンティング』という、犬にとっては普通の呼吸法で、暑いとき以外にも激しい運動をしたあとなどに見られます。

舌から大量の唾液を分泌して、それに息を吹きかけて蒸発させることで体温を調節しているわけです。ただし、「それなら安心だ」と考えないでください。

いくら激しくパンティングをしても、全身で汗をかける人間ほど、うまく体温調節できないからです。とくにシベリアンハスキーのような寒冷地原産の犬やトイプードルのような小型犬は、日本特有の蒸し暑さに弱く、どうしても熱中症にかかりやすくなります。

夏に愛犬のトイプードルをお留守番させて外出するときは、必ずエアコンをかけて、室温が上がらないように注意しましょう。
暑くないときに愛犬のトイプードルが突然パンティングをし始めることもあります。

リードなどを出してお散歩の準備をしているときや、お散歩の途中で猫や鳥などの小動物を見かけたときによく見られますが、これは興奮や緊張を表しています。

このときのパンティングは暑いときとは違い、よだれがほとんど出ないため、見分けがつくはずです。私たち人間も興奮や緊張をすると口が乾きますが、犬も同じです。

このままお散歩を続けていると、興奮していきなり走り出すこともあります。この類のパンティングが始まったら、「まて」や「おすわり」の指示を出して、いったん落ち着かせましょう。

また、パンティングと同時に体が震える場合は、発熱している可能性があるので、かかりつけの動物病院へ受診するようにしてください。


愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT