トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

穴掘り好きなトイプードルが多い理由

スポンサードリンク

★穴掘り好きなトイプードルが多い理由


プードル24


昔話の『花咲かじいさん』には「犬がここ掘れワンワンと鳴きながら畑を掘りはじめた」とありますが、確かに庭で犬を飼っていると、あちこちに穴を掘りまくったりします。


★トイプードルに穴を掘ってもいい場所を作ってあげる


苦労して頑張った芝生や、ようやく花が咲き始めた花壇もお構いなしに掘ります。綺麗だった庭が、わずか数日で工事現場のようになってしまうことも珍しくありません。

家の犬はトイプードルで室内飼いだから関係ない、と思ったら大間違いです。お家の中にいても、トイプードルは穴を掘ろうとします。その結果、畳やフローリングにひどい傷がついてしまうこともあります。

借家でこれをやられたら、引っ越しをする際に修繕費がいくらかかるかわかりません。では、なぜ犬は穴を掘りたがるのでしょうか。その理由を5つにまとめてみました。


穴を掘って獲物を捕まえる習性があるヨークシャーテリアやジャックラッセルテリアなど、テリアとつく犬種やミニチュアダックスフントは、地下に巣を作るアナグマやキツネ、ウサギなどを追い出すために品種改良されてきました。つまり、穴を掘るために生まれてきたような犬なので、穴を掘って当然なのです。


エサを隠す習性がある野生時代の犬は、食べ残したエサを穴を掘って隠していました。エサが獲られないときに、このエサを掘り出して食いつないでいたのです。

この習性が今も残っていて、穴を掘ってしまうというわけです。愛犬のトイプードルが掘った穴の中にお気に入りのおもちゃやエサ、おやつなどが隠されている場合、原因はこれだと考えていいでしょう。


ストレス解消遊びやお散歩が不足している場合に見られます。飼い犬はいつでも自由にお散歩や運動ができるわけではないので、一番手っ取り早い穴掘りでエネルギーを使い、ストレス発散をするというわけです。


暑さから逃れるトイプードルを含め、犬は体温調節が苦手です。そこで穴を掘って冷たい土を露出させて、涼しもうと考えます。最近は全国的に夏に気温が高いので、この方法で涼をとろうとする犬が増えています。


飼い主の注目を浴びる飼い主さんが大切にしている花壇をめちゃくちゃにされたら、どうしても大声を出して愛犬のトイプードルを叱ってしまうでしょう。

でも、犬に言葉の意味はわかりませんから、「褒めてもらえた」「注目してもらえた」と思い込んでしまいます。この嬉しい体験を再現するために、穴掘りが習慣になってしまうことがあります。


さて、こうした犬の穴掘りを止めさせるには、いくつか方法があります。テリア系やダックスフントの穴掘りを止めさせるのは至難の技といまわれますが、「穴を掘っていい場所」を作ってあげれば大丈夫です。

柵で囲った部分をいったん掘り返し、土を軟らかくして、そこに大好きなおもちゃなどを埋めておきましょう。もし、ここ以外の場所に穴を掘ろうとしたら、笛やブザーなどなどの犬の苦手な音を出します。

こうして、「この場所で穴掘りをすると嫌なことが起きる」と教え込みます。
これを何度かくり返すと、決められた場所だけで穴を掘るようになります。

ストレスが原因と思われるときは、十分のに遊んであげたり、お散歩の距離や回数を増やしてあげることです。そうすれば、穴を掘るエネルギーは消耗するはずです。

すでに何度も大声で叱ってしまった場合は、注目を浴びるために穴を掘っていると考えられるので、徹底的に無視してください。穴掘りを始めたら、見えない部屋へ行き、大きな音でテレビをつけたり、楽しそうに笑うと効果的です。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT