トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルが無駄吠えをする理由

スポンサードリンク

★トイプードルが無駄吠えをする理由


プードル26


「犬は吠えるのが仕事」といわれています。確かに、泥棒や不審者が入ってきたときに吠えて撃退してくれることを期待して、犬を飼っている人もいるでしょう。


★トイプードルの無駄吠えを減らすためには


しかし、マンションやアパート、敷地の広くない一戸建てで犬を飼っている場合、あまり無駄吠えがひどいと苦情を受けてしまいます。何とか無駄吠えを止めさせたいと考えている飼い主さんも少ないはずです。

そのためにはまず、犬がなぜ無駄吠えをするのかを知っておく必要があります。無駄吠えを始めるきっかけは、次の5つのような状況です。


子供が視界に入ったり、声が聞こえてきた子供の声は大人の声に比べて甲高く、トイプードルにとってはとても気になる存在です。しかも、子供の体は小さいため、犬は「自分のほうが強い」と思いがちです。

その結果、吠えて子供を自分の縄張りから追い出そうと考えるのです。この場合、登下校時には愛犬のトイプードルを窓から離して、子供の声や姿を見えにくくするといいでしょう。


救急車やパトカーのサイレンが聞こえてきたサイレンの周波数帯が、犬の興奮を引き起こす周波数帯と重なっているのが理由だといわれています。

この場合、あらかじめサイレンの音を録音そたり、CDやアプリなどと使って、遊びのときに小さな音量でそれを流して慣れさせると効果があるといわれています。


家の前をバイクや車が通ったこれは、音の勉強不足が原因です。バイクや車の音をあまり聞いたことがないと、威嚇のために吠えてしまうのです。

この場合は、もう少し交通量の多い場所をお散歩させるといいでしょう。するとバイクや車の音に慣れて、無駄吠えしなくなります。


何かを要求している「お腹が空いた」「お散歩へ行きたい」という要求を通すために吠えることがあります。これは、飼い主さんが「吠えたのでエサをあげた」「吠えたのでお散歩へ連れて行ってあげた」をくり返したため、「吠えれば要求が通る」と愛犬のトイプードルが学習してしまったのです。

吠えても無駄ということをもう一度教えるため、無駄吠えをしても徹底的に無視をしましょう。


チャイムが鳴ったこれは、自分の縄張りを侵そうとする侵入者を撃退ししようとしているのです。


無駄吠えを考えた場合、犬種選びも重要です。一般的にマズルの短い犬種ほど少なく、長いほど多くなるとされています。つまり、マンションやアパート、建売住宅で犬を飼う場合は、パグやフレンチブルドッグ、キャバリアキングチャールズスパニエルなどを選んだほうがいいということになります。

ただし、これらに犬種でも、しつけを間違ってしまうと無駄吠えが多くなるの注意が必要です。無駄吠えを減らすためには、生後5週間頃のしつけが重要とされています。

この頃に「吠えると飼い主さんは自分の言うことを聞いてくれるんだ」と学習するためです。ちょうど可愛い時期なので、ついつい甘やかしてしまいがちですが、心を鬼にして、愛犬のトイプードルが吠えても絶対に要求に応じないでください。

それが、その後の無駄吠えを減らすことになります。どうして無駄吠えが止まない場合は、マズルコントロールを行います。マズルを押さえながら、犬の目を見て静かな声で「静かにしなさい」と命じましょう。

これをくり返すと、マズルを押さえなくても「静かにしなさい」と言うだけで大人しくなります。私たち人間は「叱る=大声を出すこと」と思い込んでしまっているため、大声で「静かにしなさい!!」と言いがちですが、感情的になるとトイプードルはもちろん、犬は興奮してしまうので注意が必要です。


愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 問題行動の直し方 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT