トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルがボール遊びが大好きな理由

スポンサードリンク

★トイプードルがボール遊びが大好きな理由


プードル33


トイプードルはもちろん、犬は飼い主さんが投げてくれたボールをくわえて持ってくるボール遊びが大好きです。丸いボールは力の弱い女性や子供が軽く投げてもコロコロと遠くまで転がっていくので、愛犬のトイプードルの運動不足を解消するにはピッタリです。


★トイプードルとボール遊びをしながら持来欲を学ばせる


しかし、いくら軽く投げるとしても、それが何十回ともなると、さすがに疲れてきます。でも、愛犬のトイプードルはいつまで経ってもやめさせてくれず、お尻を上げて、「早く投げて!」と催促し続けます。

これほどボール遊びが好きな理由は、狩猟本能がすすぐられるからといわれています。野生時代に、野ネズミやウサギなどの小動物を狩ってクラレしていた習慣が本能となり、遠ざかるものを見ると追わずにはいられないのです。

子供のころ、野良犬に追いかけられて怖い思いをしたという人もいるのではないでしょうか。そのときの犬の気持ちも、これと同じです。

犬には子供を驚かそうなんて気持ちはなく、ただ、「逃げるから追う」という本能に突き動かされていただけなのです。ボール遊びをしていると、犬は必ず飼い主さんのところへ持って帰ってくるはずですよね。

ところが、なかにはくわえたボールを頑として離さななかったり、自分のハウスへも戻ってしまうトイプードルもいます。トイプードルを含め、犬がくわえたボールを飼い主さんのところへ持って帰る習性を『持来欲』といいます。

もともとは、捕まえた獲物を仲間やボスのところ、あるいは自分の巣へ持って帰る習性です。これがうまく機能していなということは、愛犬のトイプードルが飼い主さんをボス(リーダー)や仲間だと認めていないことになります。

自分がボスだと勘違いしているため、「獲物を飼い主さん(子分だと思い込んでいる)のところに持っていく必要はない」と考えているのです。

この場合、マズルコントロールなどを利用して、「人間のほうが上位にいる」と教えなければなりません。ボール遊びをしながら持来欲を教える方法もあります。

必要なのは紐付きのボールだけです。テニスの練習用とて売られているものでもいいでしょう。子の紐付きのボールで、次のような練習をくり返します。


①ボールを投げます。


②愛犬のトイプードルがそのボールをくわえたら、紐をゆっくり引っ張って飼い主さんのところへ導きます。このとき、紐を思い切り引っ張ると、犬は遊びと勘違いしたり、興奮することがあるので周囲が必要です。


③愛犬のトイプードルが近くまで来たら、「おすわり」をさせてから「出して」「出せ」と指示を出します。最初は理解できないため、ボールを静かに口から取り出して手の上に置きます。ボールを離さない場合は、大好物のおやつなどを見せて気をそらします。


ボールを離すことができたら、思いきり褒めてあげましょう。


以上、①~④をくり返すと、持来欲を思い起こさせることができます。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法





| お散歩と運動量について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT