トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルに自信をつけさせることが大切

スポンサードリンク

★トイプードルに自信をつけさせることが大切


プードル50


保健所やボランティア団体の保護施設などから犬を引き取ると、おどおどした態度がいつまでも抜けないケースがあります。生まれ持った性格が臆病ということも考えられますが、飼い主さんとの別れや迷子になった不安体験、そして捕獲された恐怖体験などから、そんな性格が形成され家可能性もあるでしょう。


★おどおどしたトイプードルは人間に恐怖心を抱いている


こんな症状を人間の場合『恐怖症』と呼びます。特定の対象、例えば、犬や鳥、クモや蝶々などの虫などを見ると一歩も動けなくなるほど、日常生活に支障をきたすほどの恐怖を感じる心理です。

おどおどした犬は、人間に対する恐怖心を抱えているのではないでしょうか。恐怖症を克服するためには、その恐怖対象に徐々に慣れていくことです。

つまり、人間を恐れる犬は、人間に少しずつ慣らしてけばいいのです。一番大切なのは、犬の嫌がることを絶対にやらないことです。

例えば、犬の目を見ながら近づいたり、マウンティングのように上から覆いかぶさるようなポーズをとらない、耳やしっぽなどを引っ張らない、お腹に触れないなどです。

さらに、犬に前で手を上げたり、道具を持ち上げるのも禁物です。犬によってはそのポーズから、殴られると連想するからです。犬に近づくときは、犬が警戒心を持たないようにカーブを描きながら近づくようにします。

背中を向けながら近づけばベストですが、間違って犬の足などを踏まないように気をつけてください。
怯えている犬は捨て身の反撃に出る可能性がありますので注意してください。

飼い主さんを近づけるようになったら、指示や号令に従うことを教えましょう。そのときに大切なのが、できなかったときに叱らないことです。褒めながら教え、犬に自信をつけさせましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| しつけのアドバイス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT