トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの交配時期

スポンサードリンク

★トイプードルの交配時期


プードル53


交配は、メス犬の出血(生理)がなくなってから10日間続く発情期にの間にします。10日間のうちでも妊娠も成功率が高いには5日とされていますので、発情期のスタートをできるだけ正確に見極めることが大切です。


★トイプードルに子供を産ませるにはマウントだけでは不十分


ブリーダーさんに依頼した場合、この期間にないに2回の交配をするのが一般的です。つがいで飼っていたり、知人と交配をする場合、初めての発情期を利用しての交配は成功率が低く、しかも血統書も発行されない決まりになっているため、避けたほうが無難です。

メス犬の場合、2歳になってから8歳まで出産が可能とされていますので、その期間を狙って交配するようにします。交配の方法は、オス犬とメス犬を1つの部屋に入れてお互いの自主性に任せる『自然交配』一般的です。

しかし、ときにはは相性や身体的な問題で交尾がうまくいかないケースもあります。それも自然の成り行きですが、どうしてもこの2頭の子犬が欲しいという場合場合には、オス犬から精液を採取して人工授精をするケースもあります。

自然交配の場合、まずオズ犬がメス犬にマウントして交尾をします。しばらくするとマウントは終了しますが、オス犬とメス犬がお尻をつけたままの状態が続きます。

これを『交尾結合』と呼びます。すでにオス犬の射精は終わっていますが、この交尾結合が見られないと妊娠する確率は低くなるといわれていますので、必ず確認してください。

この状態は10~30分ほど続きますので、絶対に驚かせないように見守ってあげましょう。特にメス犬が驚いて走り回ると、オス犬が引きずられることになります。

ちなみに、子犬の血統書を申請する場合には、第三者の立会いとともに交配時の写真が必要になるばあもあるので、必ず撮影しておきましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 妊娠と出産について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT