トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの出産時にやるべきこと

スポンサードリンク

★トイプードルの出産時にやるべきこと


プードル55


妊娠末期に入ると、ますます食欲は旺盛になりますが、交配から9週間目が近づくと急に食欲が減退します。うんちがやわらかくなり始めると、出産は間近ですので、準備を整えます。


★トイプードルの出産が近づいたら段ボールで産室を作ってあげる


まず必要なのが産室です。ダンボールでいいので、四方を囲んだ部屋を作ります。大きさは左右、奥行きとも体長の2倍ほどです。高さは、生まれた子犬が飛び出さないように15~20cmほどにします。

産室に中には給水効果の高い新聞紙を小さくちぎって入れておきましょう。産室の置き場所は、静かで落ち着ける場所にします。寝室などに置き、出産が近づいたら、あらかじめ産室に慣れさせておきます。

生まれたばかりの子犬は羊水で濡れていますから、それを拭き取ってやれるようなきれいなタオルも数枚用意しておきまでょう。

また、へその緒はお母さん犬が切るのが普通ですが、噛みきらない際に手伝ってあげられるように、食毒したはさみ、そして、へその緒を切ったあとに止血する木綿糸も用意しておきます。

陣痛が始まり、最初の子犬を出産するまでに30分~1時間ほどかかるので焦らせないようにしましょう。子犬が生まれると、お母さん犬は子犬が包まれている袋を破り、へその緒を噛み切ります。

袋が破れないと子犬が窒息してしますので、すぐに破ってタオルで顔を拭いてあげましょう。2番目以降の子犬は10~30分間隔で出てきますが、逆子は産道でひっかかって出にくいことがあります。

この場合はきれいなタオルで子犬を包み、慎重に引っ張り出してあげましょう。もし、10分以上手助けしても出てこない場合は、いそいで動物病院へ運ぶようにしてください。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 妊娠と出産について | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT