トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルは甘い食べ物が大好き

スポンサードリンク

★トイプードルは甘い食べ物が大好き


プードル43


すべての味は、甘い、苦い、酸っぱい、塩辛いの基本感覚によって区別することができ、この4つの味が組み合わさることで、様々な味が作られています。


★トイプードルの舌の部分によって感じる味覚が違う


これらを感じる味覚とは、少量の化学物質に対して味蕾が反応するものです。味蕾は、舌の表面にあるブツブツした舌乳頭にあります。

そして未来を持つ舌乳頭には、有郭乳頭、葉状乳頭、茸状乳頭の3種類があって、それぞれ感じる味が異なります。それぞれの舌乳頭が分布している場所は違うので、舌の部分によって、感じる味が違うというわけです。

4つの味のうち、甘みと塩味は茸状乳頭が存在する舌の先の部分で感じ取っています。酸味を感じる遊郭乳頭はした全体に分布しているものの、反応するのは舌の付け根の部分だけです。

このメカニズムは、トイプードルを含め、犬も私たち人間もほとんど変わりません。ただし、苦みに対する犬の味覚については、まだ解明されていません。

犬がコーヒーを飲んでどう感じるかは、わからないのです。トイプードルはもちろん、犬の舌には、甘みに反応する味蕾の数が一番多くなっています。

これには犬の食習性が関係しています。味覚とは、本来は食べ物が身体にとって良いものか悪いものかを判断する、生存に欠かせない感覚の1つです。

トイプードルを含め、犬は、もともと肉食ですが、食物性のものからも必要な栄養素を摂取することができます。その分、消化のいいエネルギー源である糖、つまり甘みを感知する能力が優れています。

本来は生体防御機能の1つだった犬の味覚は、ペットとして暮らすようになったため、私たち人間と同様に美味を得るための意味合いが強くなってきています。

つまり舌が肥えて、食べられるかどうかだけでなく、美味しいかどうかを判断するものになってきたというわけです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| トイプードルのエサについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT