トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルの肉球の仕組み

スポンサードリンク

★トイプードルの肉球の仕組み


プードル44


私たち人間と違って、動物は靴や靴下を履いたりしません。しかし、裸足のままで歩いていると、足腰の関節に負担がかかります。



★トイプードルンの肉球のメカニズム


また、自然界には釘なんかは落ちてはいませんが、木の枝や石などでケガをすることもあります。なので、4足歩行する動物の多くは、足の裏に肉球や樋爪を備えています。言ってみれば、私たち人間の靴の代わりのようなものです。

犬の祖先のオオカミは、群れを作り、走って獲物を追いかけて狩りをしていた動物です。なので長距離を走っても疲れないように肉球が発達しています。

トイプードルはもちろん、犬は速く走れるように、指先と指の付け根を地面に着け、爪先立ちのような形で立っています。肉球は、その部分の肉が発達してできたものです。


★トイプードルの肉球の役割


肉球の一番の役割は、それがクッションになっていることです。ある程度強い衝撃があっても、脚が守られるようにばっています。これは、肉球に中にある弾性繊維と脂肪組織の働きによるのです。

足の裏に強い力がかかった場合でも、この2つの組織のクッション作用で、力を分散しえいるのです。まず、脂肪組織に伝わった圧力は、そこであちこちに分散されます。

そして小さくされた圧力が伸び縮みする弾性繊維を伝わることによって、さらに小さく軽減されるメカニズムとなっています。



★トイプードルの肉球が黒くなる理由


トイプードルを含め、いぬよっては、子犬のころは肉球がきれいなピンク色をしているのに、成長するに従って、肉球が黒くなっていきます。

これは、硬いアスファルトやデコボコ道を歩いたり走ったりしている間に、地面との摩擦によって肉球が鍛えられ、色素が沈着するためです。

強くなった肉球に表皮は、触った感じも硬くなります。また、肉球はそのときの体調によっても、微妙に硬さが変化します。


★トイプードルは肉球で汗をかく


肉球は、触るとしっとりしています。この水分の正体は汗です。汗を分泌する汗腺にはアポクリン汗腺とエックリン汗腺の2種類がありますが、私たち人間と犬ではその分布が異なります。

私たち人間では、エックリン汗腺が全身に分布し、アポクリン汗腺は校門周囲や脇の下のみです。反対にトイプードルを含め、犬では、アポクリン汗腺が主で、エックリン汗腺は肉球にあります。人間のような汗をかけるのは肉球だけです。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルについて | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT