トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

家の中にあるトイプードルにとって危険な物

スポンサードリンク

★家の中にあるトイプードルにとって危険な物


プードル3


お家の中を見回してみると、案外愛犬のトイプードルにとって危険な物がたくさんあります。これらは飼い主さんの側で『危険な物』と把握し愛犬のトイプードルから遠ざけてあげなければなりません。


★家庭にあるトイプードルにとって危険な物


特に、子犬のときは、気をつける必要があります。子犬のトイプードルにとって、周りにあるものすべて『かじるためのおもちゃ』です。子犬のトイプードルを家族に迎える際は、かじってはいけないものは取り除き、環境を整えておきましょう。

そして、かじってもいいおもちゃを与え、そのおもちゃを子犬のトイプードルが『かじるためのおもちゃ』と認識できるようになったら。少しずつ普段の状態に戻していきます。

もちろん、普段の状態に戻してからも、飲み込む危険性があるもの、毒性があって触れると危険なものは、愛犬のトイプードルの周りには置いてはいけません。

トイプードルを含め、犬は口に入るサイズのものを、とりあえず口に入れようとします。それを見た飼い主さんが慌てた態度を取ると、反射的に飲み込んでしまうことがあります。

特にビー玉やスーパーボールは、丸いうえに、唾液がつくと滑って飲み込みやすくなります。これは食道の途中や胃の出入り口などに詰まると、命にかかわる場合もあります。

子供のいるご家庭は、うっかり床に落としたままにしていないか、十分注意してください。また、見落としがちなのが植物です。観葉植物や、バランだや庭で育てている植物、道端に生えている草木など、毒性を持っているものは以外と多いです。

普段のお散歩コースも含め、愛犬のトイプードルが触れる可能性がある場所にある植物で、毒性のあるものはないか調べておくようにしましょう。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬の噛み癖にお困りの飼い主さんにオススメなしつけ法はこちら
噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法




| 長生きさせるためには | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT