トイプードルの健康としつけの魔法の飼い方

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


スポンサードリンク


ペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険プランや料金についてのレビュー記事
【愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。

≫ EDIT

トイプードルにおりものが出る症状と原因

スポンサードリンク

★トイプードルにおりものが出る症状と原因


プードル5


発情期以外でもおりものがある場合は、早急にかかりつけの動物病院を受信し、獣医師さんに相談してください。老犬では、まず第一に子宮蓄膿症が疑われます。


★メスのトイプードルの子宮蓄膿症とは


子宮蓄膿症は、早期に治療しなければ手遅れになり、死に至ります。個体差はありますが、10歳を過ぎたころから発情期の出血が不鮮明になり、おりものと区別がつきづらくなります。

また、膣炎を起こしていたり、膣内に腫瘍ができているときも、おりものが出ます。少量の発情出血がダラダラ長く続いたり、弱い発条が短い間隔で何度も起こるようなときは、卵巣の病気かもしれません。老犬のトイプードルでは腫瘍の可能性もあります。

子宮蓄膿症とは、若くても発症することもありますが、中高年になって卵巣の機能が弱まると、発情後に子宮内に細菌が入りやすくなり、子宮内膜炎から子宮蓄膿症の引き起こします。

ある程度膿がたまるまでは無症状に経過しますが、膿状のおりものが出始めるころから急に元気がなくなり、食欲不振、多飲多尿などがみられるようになります。

この時点で治療を開始しなければ、確実に死に至ります。おりものが全くない閉鎖型のこともあるので、この場合のほうが症状が重いです。

軽度の子宮蓄膿症であれば、抗生物質での治療も可能ですが、子宮蓄膿症に移行しているのであれば、早急に手術が必要です。

ただし、発見が遅れたり、心不全や腎不全などほかの老齢病を抱えているケースでは、リスクは非常に高くなります。老齢犬での発症率は高く、この病気の予防のためだけでも、避妊手術を受ける価値はあると思います。

愛犬のペット医療保険についてお考えの方は、ペット保険のプランや料金について書かせていただいた記事、愛犬のためにペット保険に入っておこう】をご参考ください。


愛犬ミニーの大好物、毎回残さず食べる無添加のドッグフード『NDFナチュラルドッグフード』です。
イギリス産・100%天然素材の無添加ドッグフード『NDF ナチュラルドッグフード』
 
おやつばかりでドッグフードを食べてくれないトイプードルにおすすめなドッグフードです。
イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』
 

愛犬との信頼関係を築くしつけ法(特典付き)DVDはこちら
「森田誠の愛犬と豊かに暮らすためのしつけ法」 DVD 2枚セット




| トイプードルのオスとメス | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT